2017年10月13日ミステリー, 読んでレビュー

森の奥でひっそりと暮らす、盲目の姫「レイア」とその父の国王の愛に満ち触れた日々。暗闇の中で、見えない想像の世界が壊れる時、全てが一転し物語は思いもしない結末へ向かいます。本レビューでは、ほとんどネタバレなしで書いていますが、ぜひ事前情報なし ...

スポンサーリンク