小説投稿記

途中で「あっ」って思った話