はじめにお読み下さい

2017年10月2日

この度は「TEXT FIELD」をご覧頂き、誠にありがとうございます。

はじめにいくつか注意点がございますので、ご一読頂ますようよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

コメントについて

当サイトに掲載されている記事の内、コメント投稿欄があるものに関しましては、ご自由にお使い下さい。

コメント欄には「名前」「メールアドレス」「ウェブサイト」「コメント」の項目がありますが、この内必須なのはコメントのみです。

メールアドレスは記入しても公開されませんが、ウェブサイトは投稿後の投稿者名にリンクされます。

 

以下に当てはまる場合は、削除の対象となります。

  • 他人(個人・法人)を誹謗中傷するもの
  • 法律に触れること
  • 過度にわいせつな内容を含むもの
  • 公序良俗に反する内容、またはそれらを含むウェブサイトへのリンク
  • 特定のウェブサイトへの過剰な誘導
  • その他管理者が不適切と判断したもの

 

また、コメント内にURLが2つ以上記載されていたり、当ブログ内で不適切なものとして設定しているキーワードを含む場合は、承認待ちとなりますのでご了承下さい。

 

プライバシーポリシー

当サイトでは「Google AdSense」「Amazon.jp アソシエイト」「A8.net」「バリューコマース」「afb-アフィb」を導入して広告配信を行っております。

Google などの第三者配信事業者が Cookie (氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどは含みません)を使用して、ユーザーが当サイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しております。

ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にすることができます。

また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

 

また当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。

 

当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は、ご連絡、ご質問などへの回答に利用させて頂きます。

また第三者への提供、開示は下記の場合を除きお断りさせて頂きます。

  • 法令に基づく開示命令
  • ご本人様の同意があった時

 

免責事項

当ウェブサイトに記載されている事項、当ウェブサイトからリンクされている先のサービス、その他当ウェブサイトをご利用された結果において生じた、いかなるトラブル・損害につきましては、一切責任を負いません。

 

ウェブサイトの趣旨

「小説を書いている人を応援するサイト」

TEXT FIELDのキャッチコピーは、私がこのウェブサイトを立ち上げて試行錯誤の末に見つけた「一番自分がやりたいこと」です。

そこには「小説の書き方」であったり「投稿したときのデータ開示」であったり「小説家をしてやっていくためのブログ運営」であったりするわけですが、もちろん自分自身が書いている小説の宣伝や報告、それにまつわる悩みであったりやっていることなど多岐にわたります。

 

また、小説だけにとらわれず自分自身が興味を持っていること、創作のヒントになるかもしれないことなどについても記載されています。

小説に関わることは「ニュース」としての2次ソース的な記事になることもありますが、できるだけオリジナルな記事を書いていきたいと思っており、結果として「買ったもの」「読んだもの」「観たもの」などのレビュー記事も掲載対象となっています。

 

主にデジタルガジェット系の記事も最近では多くなりつつありますが、これの発端は「Amazon Echo」の影響が大きいのです。

しばらく停滞気味だった「新しい技術の応用」が最近活発化しているように思われます。

その辺りも小説の題材としてインスピレーションの元となるのでは……というのは半分本当で、半分はこじつけです(笑)。

 

いずれにしても根底にあるのは「小説を書いている人、これから書こうかなと思っている人を応援する」というのに間違いはありません。

皆さまの人生において、創作活動が一時的なものではなく細く長く続けていけるような、ちょっとしたお手伝いができれば幸いだと思っております。

TEXT FIELDの歩き方

TEXT FIELDのメインコンテンツである「小説関連」の記事は、以下のカテゴリに分かれています。

小説投稿記」自分で投稿した小説の報告や、それに関する雑記など

TEXT FIELD文庫」自分で創作した小説の一覧

小説家のためのブログ運営」主にWordPressを使ったブログの解説・運営方法など

小説講座」小説の書き方(初心者向け)からScrivener3の使い方。創作論など

読んでレビュー」読んだ小説のレビュー

小説コンテスト・公募一覧」応募できる小説コンテストや公募の一覧。Web系が中心

 

小説以外の記事に関しては、右のサイドバー(スマホなどの場合は上部に表示されているメニューバーからサイドバー)から「タグクラウド」で、ある程度の検索が可能です。

ちなみにタグは記事にも付いていますので、お気に入りの記事があり、似たような記事をお探しの場合は、そちらからでもお探し頂けます。

赤枠内に表示されているのがタグ

 

また特定のキーワードなどを検索したい場合は、画面上部にある「Search」に文字列を入れると検索も可能です。

 

リンクや引用などについて

当ウェブサイトへのリンクはご自由になさってもらってOKです。

また、記事内容の引用なども、一般的な引用の範囲でしたら、どうぞご自由にお使い下さい(ただし引用元として、当ウェブサイトの該当記事へのリンクは必ず付けて下さい。引用元を記載しない場合は、お断りします)。

掲載されている写真などは、フリー画像、他者が権利を有している画像などを使っていることもありますので、再利用はお断りします。

その他、ご不明な点がございましたら「お問い合わせフォーム」からご連絡下さいませ。

 

作家、もしくは小説家という名称について

このウェブサイトでは、小説を書いている人をプロ・アマ問わず「作家」もしくは「小説家」という名称で呼んでいます。

これらの定義には色々なものがあり、ご覧になっている方によっても、考え方は人それぞれだと思います。

しかし「カクヨム」「小説家になろう」など小説投稿サイト、また個人で書籍を出版できる「Kindle Direct Publishing(KDP)」など、大手出版社を通さずに個人で作品を発表できる機会は、最近特に多くなってきました。

 

また出版不況と呼ばれる中、従来の「◯◯大賞」などを受賞しても、それだけで一生安泰で専業作家を続けていける環境でもなくなってきています。

極々個人的な感想ですが、プロとアマの垣根がなくなってきていると思います。

そうした中「書籍を出版し、それだけで生活できている」ことだけが「作家」や「小説家」と呼べるわけでもないと思った次第です。

ですので「小説でたいして稼いでいないのに、作家・小説家を名乗るとは何事か」というお叱りも、ごもっともだとは思いますが、このウェブサイトでは敢えて、そのように表記している次第です。

 

謝辞

当ウェブサイトを制作するに辺り、下記のウェブサイトを利用、もしくは参考にさせて頂いております。

 

ありがとうございます!

 

WordPressテーマ

数ある無料のWordpressテーマの中でも、群を抜いて使いやすく、カスタマイズが豊富なテーマです。当ウェブサイトも「Luxeritas」を利用させて頂いております。

 

WordPressカスタマイズ

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトなどのリンクをまとめて表示できるサービス。「あぁ、アマゾンで紹介してくれれば買うのにぃ」というのがなくなる便利なサービスです。

 

上記「ヨメレバ」のカスタマイズが紹介されております。シンプルかつ、とてもキレイなカスタマイズをされており、当ウェブサイトでも、そのままコピペで使わせて頂いております。

 

Amazonアソシエイトなどを利用する際には、ウェブサイトにプライバシーポリシーを記載しなくてはなりません。世の中にはたくさんのテンプレートがありますが、シンプルかつ要点を抑えた雛形を掲載されており、当ウェブサイトでもほぼコピペ(もちろん内容はキチンと把握しております)で利用させて頂いております。

 

小説を掲載する時に便利なのが冒頭に表示される「目次」。これはWordPressプラグインの「Table of Contents Plus」というもので実装できますが、デフォルトの設定のままではちょっと味気ない。

そこでCCSで見た目をいじろうと思った時に、このサイトの情報が大変タメになりました、というかコピペしました(またか!)。もう少し余裕ができたら、オリジナル要素を入れてみたい……けど、今のが気に入っているので、しないかもしれません。

 

当ブログの小説レビュー「読んでレビュー」の一部のページ採用させて頂いている「HTMLとCCSで要素の一部を表示・非表示する方法」が事細かく書かれているウェブサイトさんです。

小説のネタバレ部分をここに格納しておくと、読みたい人がボタンを押せば表示されるという、とても便利な機能です。

 

ブログ記事に欠かせない「見出し」。その装飾はWordPressテーマによって、予め決められていますが、結構シンプルなものが多く「もうちょっと目立たせたい!」と言う時には、スタイルシートでの編集が必要になります。

この「サルカワ」さんのウェブサイトには、おしゃれなものからクールなもの、面白いものまで、なんと68のデザイン例が載っています。

使い方はとても簡単で「CCSをコピペするだけ」(一部改変が必要な場合があります)。一工夫入れたい時に参考にしてみて下さい。

 

最近、Amazonのリンクを、上記の「ヨメレバ」からこちらに変更しました。

ヨメレバ・カエレバも便利だったのですが、色々考えてこの方がいいかな、と。

「Simplicity」や「Cocoon」などの無料テーマを配布されている「寝ログ」の「わいひら」さまのサイトになります。

それ以外にもWordPress関連のカスタマイズ情報が豊富で、いつもお世話になっているサイトです。

 

WordPressで「よく読まれている記事」の一覧を表示できる「Simple GA Ranking」というプラグイン。プラグイン自体にもお世話になっているのですけど、それをウィジェットでサムネイル付きで表示させる方法を解説されているのがこの「MORIAWASE」さまになります。

他にも「Simple GA Rankingの設置方法」なども詳しく解説されています。

Posted by しろもじ