「Echo-スピーカー」Echo Inputが日本でも本日より発売に!

雑多記事amazon, Amazon Echo

本家Amazon.comではすでに発売済になっていた「Echo Input」が、本日2019年3月28日より発売になりました。

スポンサーリンク

好きなスピーカーを組み合わせて使うEcho Input

e_inp_032819_2
©Amazon.co.jp

Echo Input(エコーインプット)とは、その名の通り入力=音声入力に特化したEcho端末です。

言い換えればEchoからスピーカー機能を取り除いた端末と言えますね。

サイズは14×80mmとなっており、43×99mmのEcho Dotを上からギュッと潰したような形になっています(Echoの直径は88mmなので、こちらをギュギュッと潰したという方が的確かも)。

e_inp_032819_1
©Amazon.co.jp

「え、でもそれってEchoで良くない?」と思われるかもしれません。

Echo Dotに対しての利点は「価格が安いこと」「サイズが小さいこと」にありますが、Echo端末をお使いの方であればよく分かるように「スピーカーから大きな音楽が鳴っていると、Echo端末の音声認識能力が落ちる」という問題があります。

音楽の種類などにも依るのですが、無音のときに比べて少し大きな声を出さないと反応してくれないことが多いんですよね。

Echo InputであればBluetoothスピーカーなどと接続して、スピーカーと本体(音声認識部)を離すことができるので、その精度が上がることが期待できます。

もちろん、これは他のEchoシリーズでも可能なのですが、どうせ外部スピーカーと接続するのであればいっそ「スピーカーレス」のEcho Inputで十分と言えるのかもしれませんね。

e_inp_032819_3
©Amazon.co.jp

本体はスピーカーの音量ボタンがない分、シンプルな作りになっていますが、ちゃんとマイクも4つ搭載していますので、音声認識については他のEchoシリーズにも引けを取らないと思われます。

価格は2,980円(税込)で、本日より販売開始。

スピーカーは全く付いていないので、外部スピーカーは必須になりますのでお気をつけ下さい(音楽云々以前に、Alexaの応答も聞こえないので)。

Echo Inputが発売されたことで、残るEcho端末はEcho LookとEcho Autoになりましたね(メインストリーム端末では)。

次は何が来るのでしょうか?

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!