2022年型Fire 7タブレットが登場! バッテリー性能が向上【6月29日発売予定】

雑多記事amazon

しばらくアップデートがなく、最近ではAmazonのサイト上からも消えてしまっていたFireタブレットシリーズのスタンダードモデル「Fire 7」が新型になり、2022年6月29日に発売予定となっています。

スポンサーリンク

バッテリー性能が+3時間

©Amazon.co.jp

外観は以前のモデル(2019年モデル)と比べてもそれほど変化はなさそう?

実際にはサイズは多少異なるみたいです(後述)。

背面にあったアマゾンロゴ(にっこりマーク)が消えているように見えますが、どうなんでしょうね?

ベゼルの太さなどはほぼ同じっぽい。

最近のタブレットは狭小ベゼルが当たり前になりつつあるので、このあたりは少し……ですが、まぁ値段を考えるとしょうがないのかも。

©Amazon.co.jp

同時発売になっているカバーは、2022モデル専用となっているようです。

ただ2,980円もするんですよね。カバーとして考えると「そんなものかな」とも思うんですけど、本体が7,000円弱ということを考慮すると、微妙ですよね……。

私は裸運用とすることにしました(本体は予約済み)。

2019年モデルやFire HD8タブレットなどとの違いなどを見てみましょう。

旧モデルやFire HD8などとの比較

Fire 7(2019)Fire 7(2022)Fire HD8Fire HD10
価格5,980円6,980円9,980円15,980円
ディスプレイサイズ7インチ7インチ8インチ10.1インチ
解像度1024×600
(171ppi)
1024×600
(171ppi)
1280 x 800
(189ppi)
1920 x 1200
(224ppi)
サイズ(mm)192×115×9.6181×118×9.7202×137×9.7247×166×9.2
重量286g282g355g465g
CPU1.3GHz
クアッドコア(4)
2.0GHz
クアッドコア(4)
2.0GHz
クアッドコア(4)
2.0GHz
オクタコア(8)
RAM1GB2GB2GB3GB
ストレージ16/32GB16GB32/64GB32/64GB
micro SD512GBまで1TBまで1TBまで1TBまで
端子Micro USBUSB-C 2.0USB-C 2.0USB-C 2.0
バッテリー7時間10時間12時間12時間
TEXT FIELD調べ。誤りがあった場合はご容赦ください。

予約するときに深く考えていなかったのですが、ストレージが16GBだけになっていたんですね。

結局はmicro SDに入れることになるわけなので、これで十分っぽいです。

価格は1,000円上がっています。

CPUが強化されたのと、バッテリー性能が向上したことなどを考えるとしょうがないのかも。

CPUのクロック数が向上したのと、RAMが1GB増えていることを考えると、多少動作は軽快になっている可能性がありそうです。

USBもやっとType Cになりました! Micro USBは使用するデバイスが減ってきているので、Cに統一できれば捗りそうです。

サイズは微妙に変更されているんですね。長さが約1cm小さくなっているので、その分ベゼルが狭くなっているんしょうか?

まとめ

個人的にFireシリーズの中で最も好きなのが7なんですよ。

サイズ感も丁度よい大きさですし、価格も安いのであまり気を使わないで使えるのも良い点です。

またバッテリー性能が向上したのも高ポイント。

8や10と比べるともう一歩ですが、最大10時間、おそらく8時間程度の使用時間になると思われますが、そのくらいであれば十分実用的とも言えそうです。

なので今回は脊髄反射的に注文してしまいました(笑)。

ひとつ気になるのは、解像度が上がってない点。

使用用途としては、マンガや小説などになると思うので、それらが苦なく読めればいいのですが……。

ただKindle Paperwhiteは300ppiなので、それを踏まえるとあまり期待はできないのかもしれません。

それと今回はFire 7 キッズモデルも同時発売になっています。

ちなみにアメリカのAmazon.comではキッズモデルにProというモデルがラインナップされているんですよ。

©Amazon.com

デバイススペック自体はそれほど変わっていなくて、付帯するサービスが違うみたいです。

これもそのうち日本に来るかもしれませんね。

雑多記事amazon

Posted by しろもじ