Fire TV Stickに「Alexa対応音声認識リモコン」付属したモデルが発売に!(お値段据え置き)

雑多記事amazon, Fire TV

Amazon Fire TV Stickには「標準モデル(無印)」と「4Kモデル」がありますが、この4Kモデルには「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」というものが標準で付いてきます。

リモコンのレビューはこちらの記事をどうぞ。

この第2世代リモコンが無印モデルのFire TV Stickにも同梱されることが、Amazonから告知されています。

スポンサーリンク

無印Fire TV StickにもAlexa搭載音声認識リモコン(第2世代)が標準で付いてくる!

発売は2019年1月23日からで、現在は予約受付中とのこと。

お値段は据え置きの4,980円(税込)。

また第1世代のリモコンが同梱されたものは、1000円お安くなっています。

それに合わせて、第2世代リモコン自体も半額の1,490円(税込)にて販売されています。こちらは1月29日までとのことですが、売り切れの場合は早期終了もあるとのこと。売り切れ?

いずれにしても、価格そのままでリモコンがアップグレードされるのは良いことだと思います。

一番ダメなパターンは「普通にFire TV Stickを買って、その後第2世代リモコンを定価で買った人」になるのかもしれません(私です)。

ま、まぁ? 少しでも早く使えたわけですから、損しているとは決して言い切れないのではないでしょうか。そもそもこんなセールがあるとこは予想不可能ですし。

さて、ここで「Fire TV Stickを既に持っている人はどうすべきか?」などを考えてみましょう。

第1世代から第2世代リモコンで追加される機能は

  • TVの電源オン・オフボタンが付いている
  • TVのボリュームボタン調整が付いている(ミュートも)
  • LEDが仕込まれており、Alexa対応の際に光る

という程度です。

よってFire TV Stickユーザは、そのまま使った方が良さそうです。上のリンク先記事でも書きましたが「TVのオン・オフなども一括でやりたい」という方は、半額セールを利用してリモコンのみを買うのも良いかもしれません。

もちろんFire TV Stickを持っていない方にとっては、買い時とも言えるでしょう。ただし急いでいないのならば、セールを待つのも手ですね。無印は価格的に大きく下がることはなさそうですが(既に4,980円ですから)、4Kの方はまだセール対象になったことはありませんからね。

とは言え、欲しいときが買い時なのも確かなので、とっとと買って楽しむというのも間違いではないと思います。

iPadやFireタブレットなどで閲覧するのも手軽で良いのですが、やはり映画などはTVサイズの画面で見たほうが良いですしね。

Echoとの連携もできるようになったので、音声だけでコントロールできるようになるのも大きな利点です(ただしHDMI-CECに対応したTVでないと、TVのオン・オフなどは無理そう。一時停止やボリューム調節などは大丈夫です。タイトルの選定などはまだ難ありですが)。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!