iOS12.1登場(アップデート全文掲載)キーボードがフリーズするバグ?

雑多記事iPhone, Apple

こんばんは、しろもじです。

先日のApple Special Eventでは「iPad Pro」「Macbook Air」「Mac mini」などが発表されましたね。

イベント直後にiOSのマイナーバージョンアップ「iOS12.1」が配布されました。

皆さまのお使いのiOS端末にもアップデートの案内が来ているかと思われます(設定によっては表示されないこともあります)。

今回はそのiOS12.1を入れた直後「ソフトウェアキーボードが効かなくなった話」と「12.1での変更点」を全文掲載したいと思います。

まずはバグっぽい話から。

スポンサーリンク

iOS12.1で、ソフトウェアキーボードが効かなくなった(フリーズした)話と解決方法

後述しますが、iOS12.1でアップデートされたものに「絵文字の追加」というものがあります。

ソフトウェアキーボードから入力できる絵文字は、今でも十分たくさんあるのですがそれが更に追加された格好になります。

それで12.1をダウンロードしながら「どんな絵文字が追加になるのかな〜? っていうか、今の絵文字ってどんなのがあったっけ?」と眺めていたんですよね。

 

その後アップデートの準備が完了したので12.1へとアップデート。

アップデート後、起動したiPhoneで早速絵文字を見てみようとメモを立ち上げてみると……。

キーボードが表示された瞬間アプリごとフリーズしてしまいました。

メモ以外でもSafari、メッセージなどキーボードを表示させた瞬間フリーズ。

Appを終了させても駄目でした。

 

これの解決方法は簡単で「端末を再起動させる」ことです。

Face ID端末なら「右の電源ボタンと左の音量ボタンを長押し」です。

Touch ID端末なら「電源ボタンを長押し」だけでOKですね。

(Face ID端末では、電源ボタンの長押しにsiriが組み込まれているため、このように変更されています)

 

恐らくアップデート前に絵文字を表示させたままにしていたのが、原因だと思われます。

かなりレアケースなので、滅多にないとは思いますがもし同様のことでお困りの方は試してみて下さい。

(補足)iOSのアップデート方法

そもそもiOSのアップデート方法が分からないよ〜! という方はあまりいないかもしれませんが、念のため解説しておきます。

設定Appを開きます。

 

「一般」をタップしましょう。

 

「ソフトウェア・アップデート」という項目がありますので、これをタップ。

 

「ダウンロードとインストール」をタップするとダウンロードが始まり、準備ができるとインストールすることができます。

「自動アップデート」というのをオンにしておくと、一定の充電量があるか充電ケーブルに繋がっている状態で夜間に勝手にアップデートをしてくれます。

極稀にアップデートにより不具合があることもありますので、気になる方は切っておくといいでしょう。

 

次ページではiOS12.1での変更点の全文を掲載しています。