2019年にApple Watch Series3を買う価値はあるのか?【Apple Watch 5と3の比較】

2019年11月11日雑多記事Apple, Apple Watch

2019年9月10日(日本時間11日未明)のApple Special Eventにて登場したApple Watch Series5。当然、ネットなどでは5を中心に情報が掲載されているのが目立ちますよね。

ただ最近のAppleの手法通り「最新モデルと旧モデルを併売」しており、今回はSeries 3が併売になっています。ネットで調べたらSeries 3の発売は「2017年9月22日」だそうで、ざっくり2年落ちの商品となっています。

普通に考えたらSeries 5を買うべきだとは思いますが、例えば「ちょっと高いな」とか「そもそもApple Watchを買って使いこなせるか心配」という意見もあるのではないでしょうか? と言うか私自身がそんな感じでした。

Apple Watch自体は「欲しいな」と思いつつ、生活の中でスマホを取り出すというかスマホを見ないというシチュエーションが思いつかないので、それほど必須ではないとも思っていました。なので今回買ったSeries 3が初Apple Watchということになります。

なので敢えて型落ちのSeries 3を買って「2019年でもちゃんと使えるのか?」「Series 5と比較すると、何が劣っているのか?」「初めてApple Watchを買ってどうだったのか?」を検証したいと思います。

スポンサーリンク

Apple Watch Series3を買った

流石に2年も前のデバイスなので、本体などの詳しい解説などは今回は簡単に見ていくだけにします。

まず箱。今回ビックカメラで衝動買いしたのですが、どんな箱なのかすら知らなかったので、すごく長い箱が出てきて困惑しました。思わず「それじゃねぇ」と言いそうになりました。

Apple Watch Series3の箱外観

長い箱の理由は、こんなふうにバンドが伸びた状態で梱包されているからですね。

Apple Watch Series3の箱を開封したところ

同梱物は、いつもどおりの簡単な説明書に充電用ケーブル。本体、そしてちょっと短いバンド。

Apple Watch Series3の同梱物

今回買ったのはSeries 3の42mmケース、スポーツバンド、GPSモデルです。一番安いのは38mmケースだったのですが、店頭で見て流石に小さいなと思ったので42mmにしてみました。価格差は3,000円なので、そこまで違いはありません。

大きめの家電量販店やApple製品を積極的に取り扱っている店舗では、Series 3も店頭陳列していると思われますので(もちろんApple Storeも)買う前に実物を見た方がいいと思われます。

盲点、というほどではないのですが、GPSモデルには充電ケーブルしか付属していません。アダプタは別途買う必要があるのでそこは注意かも。でも個別にアダプタを用意すると、コンセントが大変なことになるんですよね(iPhoneにiPad、そしてApple Watchなどなど)。

そこで私は一緒にUSB-A端子が3つ付いているアダプタを買いました。多分、これ。

それほど電気のことに詳しくないのですが、iPhoneとApple Watchの同時充電程度なら問題なく使えています。コンセント口はちょっと恐いので使いたくないけど。

開封から使用まではあっという間……一部を除き

Apple Watchを使い始めるのはとても簡単です。

Apple Watchの電源を入れるとiPhoneに近づけろと言われるので、側に持っていくと

iPhoneにポップアップが出てきますので、言われるがままに設定していけばOKです。

ペアリングは簡単なのですが、Apple Watchを同期させるのは少しだけ時間がかかりました。ちょっと画面撮り忘れたのですけど、どこかで「Appを移すか?」と聞かれるんですよね。これは多分iPhoneのAppの内、Apple Watchで使えるものを同期するかということなのですけど、これに30分くらいかかりました。

後で追加することもできますし、要らないAppもたくさんあるので、同期しない方がいいのかもしれません。

腕につけてみるとこんな感じです。

Apple Watch Series3の42mmを腕に装着した

お肌ガサガサの腕で申し訳ありません。夏に自転車でグルグルしてたら、こんなにこんがりと焼けてしまいました。ダークエルフかな?

あくまでも個人的な感想ですが、思っていたほど高級感はありません。まぁそりゃ2万円のデバイスなので当たり前なのですけど、店頭でSeries 5を触ってみたときも同じような感想を持ったんですよね。

誤解を招きそうなので補足しておきますと、決してチャチな作りだと言っているわけではないんです。この手のデバイスとしては、間違いなく最もしっかりした作りだとは思います。多分、長年「買おうかな、買おうかな?」と引っ張ってきただけに、幻想が積み上がっていたのだと思います。

そもそもiPhoneにしてもiPadにしても高級感を感じたことはあまりないんですよね。多分感性の問題かもしれません。

個人的にはこういうデバイスに高級感は求めていないので、すっきりとしたデザインは好感が持てるところです。

Apple Watch Series3を2019年に使ってみた感想は?

買ってから1週間ほど経ちましたが、はっきり言って使用に全く問題はありません。そりゃ当たり前ですよね。一応新品で売られている商品ですから、問題があったら困ります。

店頭でSeries 5と比べたとき一番感じたのは「動作の早さの差」です。Series 5はメニュー一覧などを高速で動かしてもヌルヌル動くのに対し、Series 3は一瞬カクつきます。Apple Watchでは好きなAppを置いておけるDockや、Appの一覧を見ることができる画面があるのですが、主にDockに大量にAppを置いておくとぱぱーっとスクロールさせたとき、一瞬カクってなる感じです。

また地図Appも開くことができますが、こちらもちょっとカクカクしている感じで少し前の地図アプリを見ている感じ。

ただどちらも使用しててイライラしたりするほどではありません。ほんの一瞬カクってするくらいなので、画面をじーっと見て待つ、というようなことはありません。

画面を高速で移動するような使い方でない場合は、ほとんど問題なくスルスル動いています。例えば画面にスケジュールを表示させておいてそれを開くときとか、ワークアウトを開く、通知を見る・閉じるなどの動作は、ほとんどストレスなく使用することができます。

Apple Watch Series3とSeries 5を比較

AppleのサイトにはSeries 5とSeries 3の比較表があります。

詳しくはそちらを見て欲しいのですが、情報量が多いので少し抜き出して簡単に比較してみましょう。

Series 5Series 3
価格
(※1)
40mm:42,800円〜
44mm:45,800円〜
38mm:19,800円〜
42mm:22,800円〜
ディスプレイ40mm:324×394px
44mm:368×448px
38mm:312×390px
42mm:274×340px
チップS5
W3
S3
W2
ストレージGPS+セルラー:32GB
GPS:32GB
GPS+セルラー:16GB
GPS:8GB
常時点灯
ディスプレイ
電子心拍センサ
光学式心拍センサ第2世代第1世代
緊急SOS海外での緊急通報
緊急SOS
緊急SOS
転倒検出
コンパス
耐水性能50m50m
Apple Pay
バッテリー最大18時間最大18時間
ケースアルミニウム
チタニウム
セラミック
アルミニウム

1)価格は税抜でGPSモデル

後はSeries 3では選べない文字盤が一部あったりと、細かい違いはあるようですが基本的な要素としてはそこまで違いはない気がします。「違いがない」とは使い方による部分があるかもしれませんが。

初めてApple Watchを買ってどう思った?

私は物を買うときに、必需品と低価格品を除き「それが生活を変えてくれるのか?」を重視する傾向にあります。例えばAmazon Echoなどは音楽を聴くという習慣を大きく変えてくれたデバイスでした。

あくまでもストリーミングサービスとの併用での評価ですが、今まで「楽曲を買って聴く」というのが「音楽をかけて」だけで適当に音楽が流れるようになるのは、音楽を聴く回数を増やしてくれましたし、自分が普段聴かないような曲に触れるきっかけを作ってくれたのではないかな、と思います。

Apple Watchについて言えば、これまでそれを感じることができなかったので買っていなかったんですよね(高いですしね)。

買うきっかけになったのは「地図App」です。

バイクを買って最初に悩んだのが「ナビをどうするのか?」でした。今までの車生活ではあまり「走りに行く」という習慣がなかったので、バイクを買ってあっちこっちに出かけてみようと思ったんですよね。

そのとき大切なのがナビです。

iPhone+Apple Watchを使って地図Appでのナビが結構便利

個人的には地図を見ないでブラブラするのも好きなのですが、やはり目的地を決めて行く場合にはナビはあった方が便利です。よくスマホをバイクに固定してナビにしている方が多いようですが(あくまで個人的には)あれはあんまり好きじゃないんですよね。

特にハンドル周りはごちゃごちゃさせたくない。これは車も一緒で、ダッシュボードなどにあれこれ付けるのは嫌いです。

で、どうしようかなぁと悩んでいたんですが、ふと「Apple Watchってナビできないの?」と思って調べてみたらできるみたいなんですよ。

そこで冒頭に書いたようにビックカメラに行って地図Appを開いて触ってみたら、結構使いものになりそうだったので衝動買いしたというわけです。

結果としてはかなり使えます。

もちろん経路設定などはiPhoneで行います。iPhoneで経路を設定、そして「出発」をタップすると自動的にApple Watchの画面に地図Appが表示されます。

こんな感じで簡易的な表示が出てくるんですね。

ちなみにこれをタップすると地図表示に切り替えることも可能です。ただスクロールがスムーズじゃないのと、そもそもグローブをはめていては操作ができないので、普段は簡易表示のままでややこしいときのみ停車して確認するという感じですね。

もちろん簡易表示だけでも十分ナビは可能です。通知をオンにしておくと曲がる交差点の前でApple Watchが震えて知らせてくれます。この振動が3回トントンで左、5回トントンで右というふうに回数で右か左か教えてくれるわけですが……バイクの振動でちょっと分かりにくいです(笑)。

ですので「ナビは詳細を見ないと無理!」という方であれば、Apple WatchではなくiPhoneをハンドル周りに設置して確認すべきでしょう(運転中の注視はダメですけど)。

私の場合は「事前に大体把握しておいて、補助的に教えてくれればいいし、間違ったとしてもOK!」ってくらいの使い方なので、かなり便利だなと思いました。

補足

少し補足しておきます。
上で「iPhoneで経路設定する」と書きましたが、もちろんApple Watchでも経路設定はできます。
ですが画面が小さく、細かい操作はやりにくいんですよね。GPSモデルということでiPhoneを一緒に持つ必要があるので、結局iPhoneで設定したほうが楽という意味です。
ただしSiriに頼む方法であれば、結構便利かも。
「Hey Siri、近くのコンビニは?」
「Hey Siri、家に帰りたい」
などは結構使えます。

Twitterやメール、メッセージなどの通知は……まぁ便利という感じ。でもiPhoneを使えないけどApple Watchは使えるというシチュエーションはあまりないんですよね。だから、今は通知は最小限にしています。「iPhoneで確認すればいいや」って感じです。

iPhoneで音楽を再生すると、Apple Watchでコントロールが可能になるのですけど、これも要らないかなぁ……。BTイヤホンのボタンでやった方が早いですし。そもそもスキップとかあまりしませんから。

Apple Payはまだ使っていません。iPhoneでの支払いは日常的にやっているんですが、Apple Watchをかざすのがまだ敷居が高い感じです(田舎者なので)。

意外だったのはアクティビティ関連。アクティビティAppでは「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」という3つの項目を勝手に集計してくれるんですよね。多少「え、そう?」という感じのものもありますが、立ち上がったり歩いたりするのが可視化できた結果、思っていた以上に意識するようになりました。

前はAppleがイベントで「健康! 健康!」という度に「もう、それはいいよ」と言っていたのですが、ちょっとだけ考えを改めました。ごめんよ、クック。

後はスケジューリングをこまめにするようになったような気がします。前は小さいスケジュールは敢えてカレンダーAppに登録していなかったんです。でもApple Watchを買ってからはかなり細かいスケジュールを入れるようになりました。

私は「Refills」という有料のスケジュールAppを長年使っているのですけど、これに「デフォルトで10分前通知」設定をしておくと、10分前にApple Watchがブルブルってして教ええてくれるんですよね(ちなみにデフォルトのカレンダーAppでもできます)。

まとめ

元々は「バイクでのナビに便利そう」という理由で買ったのですが、思っていた以上に生活自体が変わったなという印象です。

もちろんまだまだ使い込んではないので、もう少し時間をおいてからまたレビューできたらなとは思いますが、現時点でApple Watch Series3とSeries 5で悩んでいる方に向けた意見としては

Series 3を買っていい人

・初めてのスマートウォッチ
・現在iPhoneを使っていて、それほど困ってはいないけどちょっと気にはなっている
・金銭的にSeries 5はちょっと厳しい
・常時点灯にこだわらない

Series 5にすべき人

・やっぱり最先端じゃないと満足できない
・Apple Watchに機能だけじゃなく、物欲的満足感を求めている

という感じでしょうか。人により使い方により異なるとは思いますが、ざっくり「Apple Watchがどんなものなのか?」を試してみたい人は、敢えてSeries 3を買うという選択肢もありだと思います。

あ、それとこれもあくまでも個人的な意見なんですけど、今回のSeries 5ってあまり凄い進化が感じられなかったんですよね。

なので、とりあえずSeries 3を使ってみて生活に便利そうだと確信できれば、Series 6かそれ移行である程度革新的なモデルが出たときに買い直すという感じがいいんじゃないかと思います。

まぁお金に余裕があればSeries 5一択なのは間違いないですけどね。「一番いいヤツを持ってこい」ってことですね(笑)。

[合わせて読みたいおすすめリンク]