カクヨムで読書時にワンタップでページ送りが可能に!(ただしウェブブラウザ版のみ)

日々徒然カクヨム, カクヨムアプリ

こんにちは、しろもじです。

 

小説投稿サイト「カクヨム」で読書する際、ページ送りするには画面をスワイプするしかありませんでした。

 

この度、アップデートで「画面の下部をタップすると1ページ送られる」機能が搭載されました。

ただし、この機能は「ウェブブラウザで閲覧時のみ」という制約付きです。

アプリでは搭載されていません!

 

機能を有効にするには、小説を開いて「ぁあ」のボタンを押します。

 

「操作設定」タブを押して「タップでスクロール」をオンにします。

 

これで画面の下半分をタップすることで1ページ進めることができます。

 

結構便利っぽい機能ですが、ちょっとどうかと思う点も。

まず「なぜアプリで使えるようにしないのか」という点。

というか、これアプリにこそ付ける機能でしょう? 某掲示板専ブラのように「自動スクロール機能」を付けてもいい程だと、個人的には思います。

 

それと「進むことはできるけど、上半分タップで戻ることはできない」のもどうかと思います。

やってみると分かるのですが、意外と不便です。

「俺たちは後ろを振り返らない。常に前進あるのみ!」というKADOKAWAの姿勢を表しているのかもしれませんが、読書をしている時は「あれ? さっきなんて書いてあったっけ?」という場面も多いのです。

 

ぜひアプリ版にこの機能を搭載して、戻るのも進むのも自由自在にして欲しいと(そしてできれば、自動スクロール機能も)思います。

 

カクヨムアプリの使い方はこちらから。

カクヨムアプリの「通知機能」などについてはこちら。

 

[あわせて読みたいおすすめリンク]