『みだらな青ちゃんは勉強ができない』【2019年春アニメ視聴】

雑多記事dアニメ, アニメ

2019年春アニメも随分放映が進んでしまっているのに、なかなかレビュー記事が書けないでいました。

少し固め書きしていきたいと思います。

今回は『みだらな青ちゃんは勉強ができない』を取り上げさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

『みだらな青ちゃんは勉強ができない』基本情報

公式サイト

PV

キャスト・スタッフ

■スタッフ

原作         :カワハラ恋『淫らな青ちゃんは勉強ができない』
            (講談社『少年マガジンエッジ』掲載)
監督         :井上圭介
シリーズ構成     :横手美智子
キャラクターデザイン :大島美和
美術監督       :三宅昌和
色彩設計       :吉田隼人
撮影監督       :佐藤敦
3D監督       :北村浩久
編集         :瀧川三智
音響監督       :亀山俊樹
音響制作       :株式会社グルーブ
音楽         :堤博明(ミラクルパス)
アニメーション制作  :SLIVER LINK.

■キャスト

堀江青        :和氣あず未
木島拓海       :寺島惇太
堀江花咲       :津田健次郎
高岡雅        :木村珠莉
矢部総一朗      :近藤隆
上原将生       :白井悠介
米塚周平       :深町寿成

Music

■オープニングテーマ『WONDERFUL WONDER』エドガー・サリヴァン

※Amazon Musicにはない……みたい?(上記はApple Music)

■エンディングテーマ『恋はミラクル』スピラ・スピカ

視聴方法

dアニメストアにて視聴

■地上波

  • MBS
  • TBS
  • BS-TBS
  • ITV
  • AT-X

■配信サイト

  • dアニメストア
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • アニメ放題
  • FOD
  • ひかりTV
  • あにてれ
  • DMM.com
  • ニコニコチャンネル
  • Amazonビデオ
  • ビデオマーケット
  • music.jp
  • Rakuten TV
  • MBS動画イズム
  • TVer
  • GYAO!
  • GYAO!ストア
  • バンダイチャンネル
  • au ビデオパス
  • milplus
  • J:COMオンデマンド
  • HAPPY!動画

dアニメストアは業界No1(※)のアニメ見放題サイト!
31日間無料お試しができ、ドコモケータイ以外でもOKです(月額400円税抜)
名作アニメや見逃したアニメもバッチリ揃っているので、私一押しの動画サイトです。

dアニメストア

※国内の定額動画配信サービスにおいて。2018年3月時点、
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社調べ。

4話視聴感想

今回は1話じゃなく4話まで見ちゃいましたので、素直に4話視聴感想にします。

『〜勉強ができない』というタイトルを見て「あー、なんかタイトルだけは知ってる」と思っていたら、それは『僕たちは勉強ができない』の方でした。

『〜ができない』というのは、最近よくあるタイトルですよね。

で、実際には「できてなくないじゃん! できてるじゃん!!」ってのが多かったり(笑)。

本作品の場合(4話までは)「勉強ができない」という割には、あまり勉強が関係ないという展開になっています。

……が、それがダメなのかと言えば、そうでもないわけです。

「みだらな(原作漫画では「淫らな」)」というタイトル通りに、結構エロネタを突っ込んできています。

この辺は好みの問題もありますが、個人的にはそこそこ好きな部類です。いや、結構かな(笑)。

エロネタと言えば、一昔前は「物語の序盤にパンチラシーンを転がせ」とまで言われており(多分)、青少年向けのストーリーとしては欠かせない要素でした。

昨今ではBLなども増えてきて、女性向けにも充実してきている感がありますね。

18歳未満の方も見るような作品に、このような表現を入れることが適切かどうかは議論の分かれるところでしょうけど、商売として小説や漫画、アニメを配信している以上、需要と供給の関係で盛り込まれる傾向に行くのは仕方のないところではないかと思われます。

とは言え、やはり「万人が見られるものは規制が必要」なのも確かであり、現時点ではあまりにもおおっぴらにされすぎているのかなぁ、という気もしないではありません。

こういうのはもう少しアンダーグラウンドで行われるべき、と思うのは歳をとったからでしょうか?

(※ただ、下に潜っていっても見たい人は見るわけで。またそれが犯罪を増長するという意見もありますが、客観的なデータが不足しており感情論的な意見が支配しているとも、個人的には思っています)

しかし、本作には置いてのエロシーンはそれほど過激なものではなく、どちらかと言えばエロパロというべきジャンルではないでしょうか。

いわゆる「すれ違い系」のギャグシーンが多く、4話までは思わず笑ってしまう展開も少なくありませんでした。

こういうのって結構難しいんですよね。

特に漫画では上手くいっていても、アニメになると「なんだか微妙」というものも少なくありません。

その点ではアニメスタッフの技量の高さが伺える作品になっています。

とまぁ、堅苦しい話になってしまいましたが、それはさておいても「気楽に見て笑いたい」という方には最適なアニメだと思います。

[合わせて読みたいおすすめリンク]