MacのSafariで、英文サイトを翻訳する方法【拡張機能】

日々徒然Mac

こんにちは、しろもじです。

昨今は、海外のサイト情報なども、その日の内に日本語に翻訳して伝えてくれるサイトが増えてきましたが、それでも原文を読みたい時はあったりしますよね。

そんな時に、問題になってくるのが「言語の壁」です。

私の英語力の最盛期は高校〜大学時代。

それでも、ある程度は理解できますが、一々コピペしてGoogle翻訳などで訳すのが面倒だったりします。

ところが、ブラウザの拡張機能を使えば、ワンクリックで簡単に原文を翻訳してくれるようになります。

スポンサーリンク

Safari拡張機能「Translate」のインストール

今回はMacのブラウザ、Safariを使って解説します。

Google Chromeにも似たような機能があったと思います。

 

まず、Safariを開いてメニューの「Safari > Safari拡張機能」へと進みます。

 

すると、AppleのSafari拡張ページが開きます。

 

下の方へスクロールしていくと「Popular」のところに「Translate」というのがあると思います。

ない場合は「Search」に「Translate」と入れて探してみて下さいね。

 

上記をクリックすると、インストールへのリンクが付いた画面になります。

「Install now」をクリックしましょう。

 

次の画面になれば、インストールは完了です。

 

翻訳してみる

上の画面の説明にもありますが、ツールバーにTranslateボタン(赤枠)が表示されています。

英文サイトなどで、これをクリックすると、一発で翻訳が可能になります。

 

試してみましょう。

このように英文が表示されているサイトで、上記のボタンをクリックします。

 

日本語が表示されました。

多少変な翻訳ですが……。

元に戻す場合は、画面上に表示されている「原文を表示」を押すか、もう一度Translateを押せば、元に戻ります。

また、日本語が表示されている箇所にマウスのカーソルを合わせると、ポップアップで原文が表示されますので、おかしな日本語の箇所は原文と見比べて確認することもできますね。

 

設定方法

スクショが取れなかったので、写真で申し訳ないのですが、Translateボタンを長押すると次の様な表示が現れます。

その中の「Open Setting」をクリックすると、設定画面を開くことができます。

 

ほとんどデフォルトのままで使うことができると思いますが、翻訳エンジンは「Google」か「Microsoft Bing」から選ぶことができます。

 

こんな感じですね。

 

使ってみると、どちらもどちらという気もしてきますが(笑)、多少違いはあるようです。

お好きな方を選べば良いと思います。

ちなみに、その場で選ぶこともできます。

もう一度写真の載せますが、ボタンを長押しした時に出てくるリストの上の方に「via Google」「via Microsoft」というのがありますよね。

このどちらかを選べば、その場で翻訳エンジンを変更することが可能です。

(チェックの付いている方が、今の翻訳エンジンになります)

 

特定の単語、センテンスだけを翻訳する

全文翻訳だけではなく、原文をひょうじさせておいて、特定の単語やセンテンスだけを翻訳することも可能です。

 

翻訳したい部分をドラッグで選択します。

 

右クリックして「Translate”◯◯”」をクリックします。

(◯◯には、選択した語句が表示されます)

 

ポップアップで、その部分だけが翻訳されます。

注意点

特に注意点はないのですが、ひとつだけ。

インストールした時に、既に開いている英語サイトを翻訳する時は、リロードが必要になります。

その後は必要ないのですが、私はこれで少しだけハマりましたので(笑)。

 

まとめ

「そんなもの使わないでも、だいたいニュアンスで分かるよ」というのもありますが、ざっと中身を見る場合には、いっそ翻訳させてしまった方が便利な場合もありますよね。

また、上記の一部だけの翻訳機能も便利ですから、ちょっと分からない単語を調べたりするだけでも、この拡張機能は入れておいた方が良いですね。

 

英語の勉強にも……なるのかなぁ?(笑)

その内、当サイトも

「Hi! My name is Shiromoji!」

みたいに……は、ならないか(笑)。

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブログの更新情報はTwitterで配信しておりますので、ぜひフォローをお願いします!

しろもじのTwitter

それでは、また!

[あわせて読みたいおすすめリンク]