Scrivener3で、ひとつのドキュメントを複数に分割する、または複数のドキュメントを結合する方法

小説講座Scrivener3

こんばんは、しろもじです。

今回は、Scrivener3で、ひとつのドキュメントを複数のドキュメントに分割する方法と結合する方法を見ていきましょう。

今回の記事は「複数の話を、ひとつのドキュメントにまとめて書いてしまったので、それを分割したいとき」や「ひとつのテキストファイルにまとめて小説を書いていて、それをインポート後、複数のドキュメントに分割したいとき」などに有効です。

スポンサーリンク

ひとつのドキュメントを、複数ドキュメントに分割する

ちょっと雑で申し訳ないのですが、分かりやすいようにサンプルのプロジェクトを用意しました。

現在「あああああ」から「おおおおお」までが、ひとつのドキュメント内に記述されています。

これを「うううううう」のところから、別のドキュメントに移してみたいと思います。

 

まず、他のドキュメントに移したい箇所を、ドラッグし選択状態にしておきます。

 

そのままメニューの「ドキュメント」から「分割」に進み「選択範囲」を選びます。

 

すると「うううううう」以降が、別のドキュメントに分割されました。

 

上手くいかないときは

概ねこの方法で上手く分割できると思うのですが、まれに上手くいかないこともあります。

その場合は、選択するのをやめて「分割したい箇所にカーソルを置いて」上記の方法を行うと、上手くいきます。

 

「ええええええ」のところから、新しいドキュメントに分割します。

「えええええええ」の先頭にカーソルを置きます。

 

上記と同じようにメニューから「ドキュメント」→「分割」→「選択範囲」を選びます。

 

すると「ええええええ」から以降が、新しいドキュメントに分割されました。

複数のドキュメントをひとつにまとめる

次に、複数に分かれているドキュメントをひとつにまとめる方法を見ていきましょう。

画像のように、5つのドキュメントがあるとします。

 

 

まずは、ドラフト内にあるドキュメントのうち、結合させたいものを選択します。

Macの場合「ひとつめのファイルを選んで、Shiftキーを押しながら最後のファイルをクリックする」ことで、一括で選択することができます。

あるいは「ひとつめのファイルを選んで、Commandキーを押しながら、該当するファイルを順にクリックする」ことで、飛び飛びのファイルを選択することもできます。

 

ファイルを選択した状態で、メニューの「ドキュメント」→「マージ」を選びます。

 

すると、ひとつのドキュメントに結合することができます。

まとめ

ドキュメントの分割、結合はあまり行うことはないかもしれませんが、知っておくと、短時間でテキストファイルからScrivener3のプロジェクトを作成することができます。

「小説の初期の構想段階では、テキストファイルに書き込んでおき、小説化しようとしたときにScrivener3に取り込む」みたいな使い方があるかと思います。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

その他のScrivener3関連の記事は「小説講座」にまとめてありますので、よかったらご覧下さいね。

[あわせて読みたいおすすめリンク]