コメディ, 読んでレビュー森見登美彦, 幻冬舎文庫

森見登美彦著『有頂天家族』を読んでのレビュー。タヌキと天狗、人間の三つ巴の世界を、京都を舞台に描いた作品。

スポンサーリンク

2017年11月6日恋愛, 読んでレビュー角川文庫, 森見登美彦

今回は2007年刊行、アニメーション作品、映画化もされた「夜は短し歩けよ乙女」をご紹介したいと思います。

 

「そろそろ最新刊を」と思っているんですけど、ここ十年ほどあまり小説を読まない(読めない)生 ...

スポンサーリンク