サイトアイコンを書こうと板タブを買った話 [小説投稿記:家族編集部 第15話]

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

 

小説投稿サイト「カクヨム」に「家族編集部 第15話」を投稿しました。

今回の小説は、かなり不定期に投稿することになりました。

理由はいくつかあるんですが、投稿的には「あんまり良くない」ということが分かりました。

過去の「ほぼ毎日投稿」していた2作に比べて、明らかにPVが落ちています。

これが「内容の面白さ」なのか「毎日投稿しないこと」なのかは、もう少し見てみないと分かりませんが、ここからしばらくは「隔日投稿」を行ってみたいと思います。

「毎日ちゃうんかい!」

ストックが……(笑)。

 

サイトアイコンを書こうと、板タブを買った話

先日の投稿記で「表現の選択はしない方が良い」という話を書きました。

その中で「小説を書いている人が、絵を書いてもいいんじゃない?」と言ってました。

 

実はその時、Wacomの板タブを買って数日後のことだったんですよね(笑)。

買ったのはこれ。

 

 

全く絵心がない私が、なぜこんなものを買ったのか?

「小説はもうダメだ。イラストレーターに、俺はなる!」

と思ったからではありません(笑)。

 

サイトのアイコンを作りたかったんですよ。上にリンクしてある記事でも書いたんですけど、Twitterのアイコンや、このサイトのアイコンですね。

で、買ってからそろそろ3週間位経つので「絵心はないんだけど、欲しいと思ってた」という同志の方に向けて「買ってみたら分かった」ことを書いてみたいと思います。

 

まっすぐ線が描けない!

これね。びっくりするくらい、線がまっすぐ引けないんです。

不肖しろもじ、絵は下手ですが紙に書く場合は、線がそんなに歪むことはありません。

でも板タブだと、まっすぐ引けない。縦線も横線も斜め線も、全部歪みます!

まるで心の歪みを表しているかのよう……って、そんなのはどうでもいい!

 

ついでに言うと丸も描けません。当然、三角や四角も描けません。

ワコムのサイトを見ると「トレースも練習になるよ」と、練習用のトレース絵があったので、それを元にやってみたら、思っていた所に描けていないことが分かりました。

 

板タブって、iPadほどではありませんが、紙に比べるとつるつるなので、やはりそこの感覚がおかしくなっているんですよね。

1時間ほどひたすら直線を引きまくったら、かんたんな図形くらいは、まぁなんとか描けるようにはなってきました。

 

それでもまだ狙った絵を描くには、少々時間がかかりそうです。

 

思ってたのと違う!

「板タブなら、きっと気軽に絵を描くことができる」

そう思っていたんですが、上記のようにそれどころではないことが分かりました。

 

上手い絵を描こう、と思っていたわけではありません。

繰り返しますが、既に自分の絵心については「開眼」しているので、それを極めたいというわけではないんですよ。

でも、ちょっとしたもの(サイトアイコン)だけでも、こんなに苦労するとは思いませんでした。

 

具体的に言うと「Twitterのアイコンや、サイトのファビコン(ブックマークした時なんかのアイコン)を作れればなぁ。ペンのアイコンか、本のアイコンみたいなのがいいなぁ」と思ってたんですよね。

まさか「板タブ」の練習から必要だったとは思いませんでした。

でも、これは私の場合ですから、慣れる人はもっと早く慣れると思いますし、絵心がある人も早そうです。

 

絵は諦めた! でも

最初の頃は、ひたすら板タブに向かっていたのですが、ふと「いや、これはなんか違うぞ!」ということに気が付きました。

小説を放り出してまでやることじゃない。

時間は限られていますからね。

そこで、とりあえず「板タブの練習は一日30分まで」と決めました。

 

しばらくはこれでコツコツ練習してみたいと思います。

アイコンの作成は当面先になりそうですが(それか諦めるか)、折角買ったのに何か活用方法はないものだろうかなぁ、と思っています。

パッと思いついたのは、このブログに添付する絵。

絵と言っても、当然「作品」のようなものじゃないですよ。

解説などをしている時に、ふと「説明しづらいなぁ」ということがあるんですよね。

「絵で書いて説明したい」ということ。

それをこれで書けばいいんじゃないかなぁと思っています。

 

今はそのくらいですね(笑)。

まとめますと「板タブは紙に描くよりも難しい」「板タブ買ったからといって、すぐに絵が描けるわけじゃない」ということです。

 

しかし、挑戦するのは悪いことではありませんから、興味がある方はやってみるのもいいかもしれませんよ。

 

今日はこの辺で。また明日!