「小説冒頭シーンの書き出しパターン」について考えてみた [投稿報告:『管理官と王女様』第4話]

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

「カクヨム」に『管理官と王女様」の第4話「調停式」を投稿しました。

自分で書いてて「もう4話かぁ」と思ってしまいました。

今、18話まで書いているので、まだまだ余裕があるのですが、出来れば早くに完成させて、少しでも見直したりする時間が欲しいところです。

 

ところで、この『管理官と王女様』の冒頭シーンですが、未だに「どうかな?」と思ったりしています。

今回いくつかパターンを変えて書いてみたんですけど、結局話の流れをスムースにさせるために、あのシーンから始めることになったんですよね。

ただ、投稿した後で「あぁ……」と思ってしまうんですよね(笑)。これはいつものことなのですが。

そこで、今回は小説の中でも大切な「冒頭シーンの入り方」をざっくり考えてみたいと思います。

これが全てではありませんが、まぁ良くあるパターンを並べてみました。

スポンサーリンク

「少し先から入る型」

「少し先から入る型」は、例えば物語が時系列で「1,2,3.4,5」となっている場合に「3,1,2,4,5」のような順番で記述するやり方ですね。

4でも5でも良いのですが、物語の少し先にあるキャッチーなシーンから物語を始めることで、読者の心をキュッと掴んじゃう、そういうやり方です。

 

これの特徴は「最後まで書いていない連載型の小説でも行うことができる」という点です。

毎回書きながら投稿する小説の場合でも、5話くらいの話であれば冒頭で書いてしまっても、不整合は起こりにくいですし、収集がつかなくなることもないでしょうし。

 

一方で、冒頭シーンが印象的でないと意味がないのは注意したいところです。

また、本編から冒頭シーンへの繋がり方も難しい所かもしれません。

そこそこ腕が問われるやり方でしょうね。

「いきなりクライマックス型」

冒頭に小説のクライマックスを持ってくるのが「いきなりクライマックス型」です。

上の「少し先から入る型」に似ていますが、こちらは正真正銘のラストシーンから入ります。

小説で一番面白いであろう、クライマックスから入るので、読者の心はキュッとどころではなく、ギュゥゥっと掴めるかと思います。

ただ、ラストを書くということは、ラストまで書いてから、もしくは明確なラストシーンが決まっていないと書けないわけで、その辺りは連載向きではないとは思います。

 

個人的には、かなり好きなやり方なので、いつかやってみたいとは思っていますが、難しいんですよね。

「少し先から入る型」もそうなのですが、読者にとっては、いきなりあるシーンから始まるので、登場人物も設定も分からないまま読み始めないといけません。

だから、当然「一体何が起こっているの?」となりますが、それ以上に面白いシーンが書ければ、読んでもらえます。「わけわからないけど、面白い」というのは、結構難しいですからね。

「会話から入る型」

これは、良くありますね。

以前「読んでレビュー」でご紹介した、竹宮ゆゆこ先生の「砕け散るところを見せてあげる」などは「会話から入る型」と「(クライマックスではなく)ラストから入る型」の組み合わせでした。

 

ライトノベルがそうであるように、会話が多い文章というのは、比較的「読みやすい」ものです。

だから、実は凄く良いやり方なんですよね。

ラストからでも少し先からでも、途中から入っても、会話なら何とか付いて行ける。

そんな感じがあります。

個人的には苦手です。読むのが苦手じゃなく、書くのが苦手ということです。

 

王立勇者育成専門学校総務課 〜結衣のお仕事編』は、この方法にしようとしていますが、いまひとつ中途半端だったかな、と思っています。

スポンサーリンク

「語りから入る型」

これは最近はあまり見なくなりましたが、冒頭からいきなり世界設定を語りだすという手法です。

人が出てきて、会話を絡めながらという場合もありますし、とにかく地の文だけで何ページも書いている小説もあったりします。

ただやはり、この型はキャッチーではないので、読者層を選びます。

下手すると、開いた瞬間ブラバされる可能性もあったりします。

書く側からすると「まずいやり方」というよりは「怖いやり方」と言えるかもしれません。

小説の作りにもよりますが、この方法でスラッと入っていける小説は、本当に凄いのだと思います。

「順番通りに入る型」

これは実に普通のやり方です。

話の順番通りに書いていくわけですが、前の「語りから入る型」に比べると、もう少し説明文(地の文)の割合が少なく、あるシーンから始まる感じです。

現在投稿している『管理官と王女様』はこのタイプですね。

あまりキャッチーではないので「語りから入る型」と同様に、読んで貰える可能性も減りますが、書く側からすると、とても楽なのが特徴です(笑)。

 

しかし、書き始めのシーン次第では、ある程度惹きつけることは出来るのかとも思います。

その場合は、それ以前のシーンは小説では記述しない、もしくはキャラクターに語らせる、回想録的な記述をする、という方法になりますね。

まとめ

いずれにしても、小説自体が面白くないと、冒頭だけこだわっても意味がないのですが、特にネット小説は「1話がキャッチーではないと難しい」部分もありますよね。

 

これ以外にもたくさんの方法があるとは思います。

良いのがあったら、こっそり教えて下さい。いや、こっそりじゃなくてもいいか(笑)。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます。

それでは、また、あした。

[あわせて読みたいおすすめリンク]