カクヨム3周年記念選手権 4日目まで終了

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

カクヨムで開催されている「カクヨム3周年記念選手権」ですが、本日4日目のお題「紙とペンと◯◯」が公開されましたね。

Twitterでも書いたのですが、3日に一度訪れるお題と、今日から始まってしまったF1のお陰で、最早それ以外は何も手に付かない状態です(笑)。

一応投稿しましたので、ここまでの分と合わせてお知らせしておきます。

【第1回】

【第2回】

【第3回】

【第4回】

実は1回目から4回目は、全て同じ舞台を元にした小説なのですが、考えてみると「それはそれとして、1話で完結しないといけない」というのもありますよね。

どうしても縛りとしてシリーズものにしたかったのですけど、基本的な部分を「毎回書かなきゃ」と思いつつ「毎回書くと鬱陶しくない?」という部分で葛藤したりしています。

それは2話から4話が連続している話である、というのも関連しているので、いっそ登場人物などは同じにしても、話自体は被らせないようにすれば解決じゃない? ということを先程気づきました。

5回目のお題次第のところもありますが……。

「異世界転生」とかだったらどうしよう。

結月ちゃんのお父さん辺りが、突然トラックに轢かれちゃうことになるかもしれません(笑)。

他の参加者の方々の作品もチラホラ読ませていただいているのですが、いやはや本当に皆さんすごいですね。

4,000字という掌編(になるのかな?)で、キレイに物語を作っておられるのを見て感心しすぎると共に、自分の力のなさを思い知らされるばかりです。

これまでどちらかと言うと、10万字近辺の長編が好きだったのですが、字数少なめの掌編、短編も面白いなと気づいたのは唯一の収穫でしょうか。

ただ、凄く疲れますが(笑)。

正直、長編の1話(=3,000〜4,000字)を書くよりも、ずっと疲れます。

書くのも疲れますし、読み返すのも疲れます。

特に今回のように時間が限られた中では、何度か読み返している内に「本当にこんなのでいいのだろうか?」という疑問が湧いてきてしまいます。

もういっそ「書いたら投稿」の方がいいんじゃないかと思って、3話、4話は誤字脱字だけ軽くチェックしてそのまま投稿してしまいました。

その辺のスキルも身につけばなぁ、と思ったり。

後6回。

投稿されている皆さま、がんばりましょう!

皆勤賞だけでもゲットだぜ!

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]