『きみとぼくのダンジョン再建記』第21話、22話投稿のお知らせ|「書き終えて投稿と連載投稿を併用したい」

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

『きみとぼくのダンジョン再建記』第21話「アルエルを引き渡せ」第22話「善は急げ。思い立ったが吉日だぞ」をカクヨムに投稿しました。

今週末は、再び2話/日投稿です。

現在、34話を執筆中。

ちょうど区切りがつけられそう……な気がしていまして、ちょっと思案中です。

34話で一段落ついたら、ちょうど10万字くらいなので、色々都合がいいんですよねぇ。

と言っても「俺達の戦いはこれからだ」的な終わり方をするわけじゃないのですが(笑)。

 

ここが一段落ついたら、次のプロットに取り掛かりたいかなぁとか思っています。

『きみぼく』は、コンテスト要項を満たしたら、週1くらいの投稿ペースにできればいいなぁと思ってたり。

流石に毎日更新はキツイですし。

ただ、やってみて分かったんですけど「プロットをきっちり決めて、書き上げてから投稿するのも楽しいけど、連載方式でやるのも結構楽しい」と。

「書き終えて投稿」と「連載投稿」を併用したい

『きみぼく』は、一時期「即興小説です」と言っていまして、それは書いていたころは間違いじゃなかったんです。

その辺りは本当に何も決まっていなくって、手探りで、その場その場で設定を決めていったり、新しい登場人物を突然出してみたり。

もう投稿済みだから言いますが、第15話に登場した「剣士4人組」。

あれも、当初はモブキャラのつもりで書いていました。

で、本当にキョーコが教会送りにしてしまう、という話だったのですが、書いているうちにいつの間にか展開が変わり、気づくと仲間に(笑)。

 

そういうのって、大変だけど楽しい。

でも、話が段々積み上がってきて、登場人物の背景も浮かんできて、そうなると、そういう部分を書かなくちゃいけなくなって、結果として「プロットとまでは言わないものの、だいたい先のことは決まってきた」という感じになってきました。

それがちょうど、今日投稿した21,22話辺り。

アルエルの話が出てきて、それを考えている内にアレコレ決まりごとが出てきて、それを元に30話くらいまでの話がある程度決まって、最後でちょっと悩んで、それも決まった。そんな感じです。

 

つまり、プロットがなくても、ある程度書きながら決めていけるということが(出来云々は置いておいて)分かったかな、と。

ただ、これはあくまでも『きみぼく』のような作品だからできたことでもあります。

設定ガバガバですからね(笑)。

第1話でアルエルが震えているシーン。「恐怖で震えているって面白くないな。そうだ、冷房が効きすぎているってことにしよう! でも、ダンジョンで冷房……? まぁ、魔法で動く、魔道エアコンってことにしておけばいいか」みたいな。

適当ですよねぇ。

これだけ適当に書いているからこそ、プロットがなくてもやっていけたのだと思っています。

 

一方で、今度書きたいなと思っている作品は、ちょっとややこしい。

かなり設定が混み合っているので、まずはその辺りはしっかり決めておきたいところです。

その辺りは、『管理官と王女さま』での反省点だっただけに、今回はある程度キチンとやります……つもりです(笑)。

ストーリー自体も、今考えている時点では、そこそこ難しいので、その辺もプロットをキチンとしないと、とんでもないことになりそうです。

 

そういうのも楽しいんですよね。

ある意味小説を書くよりも楽しいかもしれません。

上手く言えないのですけど「Amazonで何か買おうと、ブラブラ見て回っているときの楽しさ」みたいな感じ。

Amazonって「見て回って、注文して、届くまで」が楽しいじゃないですか?

本当は「届く」のが目的なのに、それ以前の方が楽しい。

小説も「書く」のが目的なのに、それ以前の方が楽しいってことあるんじゃないですかね?

 

「何言ってるか分からない」ですって? 私もです(笑)。

まぁ、そういう感じで、併用していけたらなぁ、と思っているということですね。