執筆スピード【創作日記122519】

小説投稿記創作日記

メリークリスマスっ!!

若いころはクリスマスと言えば一大イベントだったわけですが、最近ではすっかり「ただの平日」になってしまい、最早「クリスマスに焼き鳥を食べる」という習慣すらなくなってしまいました(昨日はおでんを食べました)。

ま、そんなもんだよ。

スポンサーリンク

3日で16,000字

前回の投稿記は22日(日)で、そのとき「新しく書き始めた小説が、5話途中で16,000字くらい」と書きました。

そして今現在(25日)で9話、約32,000字まで書けました。3日で16,000字≒1日5,000字です。

ラブコメものでは絶対にできないくらいのペースです。ラブコメものは大まかなストーリーが決まっていて、こっち(『きみと僕のダンジョン再建記』の書き直し版)は即興なのに、どうしてこんなに差が出てくるんでしょう?

「先が決まっている方が書きやすい」と思っていたのですが、案外それに縛られて書きにくくなる……ということかも。

そう考えると「プロットって何なんだ?」って思っちゃいますけどね。

このペースを維持できれば、年末には67,000字、年明け1週目くらいには10万字はいけそうです。年末年始がんばれば、もう少し……と言いたいところですが、まぁそう上手くはいかないかも。

ただ投稿先をほぼ「ネット小説大賞(小説家になろう)」に絞ったので、完成後に投稿開始じゃなくても良い気がしています。

初回はある程度連投して、後は毎日更新くらいのペースで様子を見たいので今週末くらいから投稿開始するとすると、土曜までには15話完成させておいて土曜日に5話投稿。日曜日にも5話投稿して、後は1日1話ペース。うん、行けそうな気がしてきました(幻惑かも)。

「5話くらいは手元に置いておいて修正しながら書いていく」という方法が、即興系小説ではよさそうかなぁ、というのが前に連載したときの感想です。

「書く即投稿」だと、後で「うわぁぁ!」ってことがときどき(たびたび)あるんですよね。困っちゃうくらいに。

執筆スピードに難あり?

上で1日5,000字と書きましたが、これにはおおよそ2時間程度かかっています。

毎時2,500字ということになるのですが、これはあくまでも今書いている小説の場合になります。例えばブログでも、この記事のように「構成など深くは考えず、思ったことを思ったままに書いていく」という形であれば、おおよそそのくらいの速度。

ただブログであれば解説系の記事とか、今放置されている「ラブコメもの」なんかそうなんですが、もう少し考えながら書くものは、ぐっとスピードが落ちてしまいます。おおよそ半分程度、毎時1,000〜1,500字くらいかな?

だからブログの解説系の記事なんかは、休日に書き溜めたり、何日かに分けて書いたりしてるんですよね。一日じゃとても書ききれない。

小説家になろうやカクヨムなどを見ていると、毎日投稿している方を時折見かけるのですが、それって「毎日それだけ書いている」ってことですよね? ストックがあったとしても、いつかは尽きるわけですし。

そう考えると本当に凄いなぁと思うわけです。

プロ作家の森博嗣さんとかは「毎時6,000字」らしいですが、あんまり参考にはならないような気がします。氏の場合は1時間書きっぱなしではなく、10分ごとに書いているらしい。でも10分=1,000字ってやってみると分かるんですが、文章を丸写ししているくらいのスピードなんですよね。だから思考が止まっちゃうともうアウトです。

文章を早く入力する方がいいのかどうかは別にして、文章を書いているときにどのくらい体裁を整えながら書いていくのかは大切なことに思えています。

一発で完璧な文章になればいいのですが、よくあるのが「文章として読めないことはないけれど、なんとなく読みにくい文になってる」ってことです。

単文に限らず、構成としてもちょっとおかしかったりすることもあって、私は結構立ち止まりながら書いていることが多いんですよね。

スティーブン・キング氏は「とにかく気にしないで先を書け」と、どこかに書いていた気がします。地名とか人名とか、綴とかそういうのは後でいいから、とにかく先を書いていけ、と。

そういう書き方であれば、もう少し早くなるのかなと思ったりするんですよね。思ったりするだけじゃ困るんで、さっき4,000字くらいの文章をその方法で書いてみました(小説の番外編の話です。本編に組み込むか、それとも後でまとめて掲載するかは未定)。

一応1時間で書いたので、毎時4,000時ということになります。

まだ書いてすぐなので何とも言えないところですが、ざっと見た限りでも「読点の位置がおかしい」「漢字とひらがながメチャクチャになってる」「地の文の言葉使いが変」などを発見しました。そもそも物語として面白いかどうかも分かりませんし。

ちなみにこの文章も同じ方法で書いています。今、書き始めてから30分。2,000字くらい書きました。同じくらいのペースかな?

このくらい書き殴るのであれば、もう少しペースが上がってもよさそうなんですが、キータイプミスが多いんですよね、私。昔からちゃんとした方法で習得していなかったので、今でもホームポジションなどないかのような使い方をしています。

後は、キーボードかな。Magic Keyboardを使ってて決して悪いキーボードじゃないのですが、かと言って凄く良いとも言えない。薄いから邪魔になりにくいというのは利点ですが、打ち味はちょっと頼りない感じです。

ちょっといいキーボードが欲しいかなぁと思ったりもしますが、まぁその前にもっと書けって話なので、とりあえずは週末までは頑張ってみます。

[合わせて読みたいおすすめリンク]