『きみとぼくのダンジョン再建記』第54話投稿のお知らせ|改稿作業のお話

小説投稿記

こんばんは、しろもじです。

『きみとぼくのダンジョン再建記』第54話「久しぶりじゃないか」を投稿しました。

 

年内更新はこれでおしまいです。

スポンサーリンク

改稿版『きみとボクのダンジョン再建記』

前にも書いたような気がするのですが『きみとぼくのダンジョン再建記』の改稿版を書いています。

と言っても、序盤はほとんど一緒で、少し言い回しを変えてみたり、冗長な表現を改めたりという感じです。

10話まではそんな感じで、11話から(正確には11話の途中から)本格的に書き直していこうかな、と思っています。「行こうかな」というのは、今現在その11話が終わって12話に取り掛かった所だからです(笑)。

なぜ改稿しようかと思ったのかと言うと、2つ理由があります。

ひとつは「小説家になろうのコンテストに出すため」です。

もう始まっちゃっているんですけどね。2月4日が〆切なので、年末年始で追い上げて、年明けから投稿して行こうかなと。32話くらいの第1章が終わるくらいまで書ければいいなぁと思っています。

もうひとつの理由が、上とも関連しているのですが「即興小説故に、ダラッとした展開になっている部分を直そう」ということです。

カクヨム版(と呼びます)を読み返すと、個人的にはあれはあれで良いのかなとは思います(だから投稿している)。ただ、一番思っているのが「話がどこに向かっているのか分からなくなってきている」という感じがするんですよね。

「結局何がしたいの?」という小説になっている気がします。

そこで、本来のダンジョンに主眼を戻して書き直す。それが改稿版になる予定です。

テンポの速さ、というのも重視したいのですが、やはり書かなきゃいけないシーンなんかもあるわけで、その辺りをどう読んでもらえるようにするのか、という部分で腐心しております。

どうも最近小説が上手く書けないというか、手が止まることが多いんですよね。『きみとぼく』もそうだし、その改稿版もそうだし、Writone用に書いた小説もそうだし。

「スランプかな?」とも思ったのですが、そもそもスランプとは「人気作を書いていた人が、突然面白い話を書けなくなる」現象ですので、どうやら違う模様です(笑)。

ポジティブに考えてみると、何か物事が上達するときって、

  1. 全然できないとき
  2. ちょっとできるようになったとき(上手くなったような気がする)
  3. 更に少しできるようになったとき(下手になったような気がする)
  4. 上達したとき(また、上手くなったような気がする)

ということがあるじゃないですか? その3かなぁと思ったり。と言うか、思いたい。

今日から少しだけブログはサボれそうなので、用事以外は小説にしばらく打ち込もうかなと思っています。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!