カクヨムに初めて小説を投稿してみて分かったこと

小説投稿記

こんにちは、しろもじです。

 

二つ前の記事でもお伝えしましたが、小説投稿サイト「カクヨム」に投稿した「Replace」という小説が、なんとか完結しました。

 

いい歳したおっさんにとっては「とんでもない批評を受けるんじゃないか」とか「誰も読んでくれないんじゃないか」とか、まぁ色々思う所もあったんですよ。ま、それは若い人でも同じかな。

 

そこで、今のこの投稿し終えた新鮮な気持ちを、書いておこうかと思いました。

 

やっぱりコメントやレビューが付くと嬉しい

始めは良かったことから。ケーキはいちごから食べる派。

 

第一話をアップしたら「応援する」(というボタンがある)やコメントやらを頂きました。ある程度事前に「そういう機能もあるんだ」と知っていたのですけど、実際に自分の書いたものに、リアクションがあるというのが、こんなに嬉しいことだとは思いませんでした。

 

特に「てるま」さんという方が、おすすめレビューを書いてくださったり、最後まで読んでくださったりで、とてもありがたかったですね。

 

私も色々見て回って、応援コメント書いたり、レビュー書いたりしなくちゃね。

 

一話のペースが難しい

いちご……じゃない、良かった話は一個だけで、後は反省だらけです(笑)。

 

今回の小説は、ある程度まで一話完結、ということで書いていたんですよ。それが、いざ投稿する時になって、周りの人の投稿を見て回ったら、みんな1000文字から2000文字辺りで一話にして、連載形式にしている方、多いんですよね。

 

その時私はまだ、PCのテキストエディタで書いていたんですけど、ちょうど5000字辺り。ざっと見積もって完結までで恐らく2万字か、もうちょっとかなという感じでした。

 

一話2万字って多くね?

 

まぁ後で調べてみたら、そういう投稿をされている方もいらっしゃったんですけど、考えてみれば「完結するまで投稿しない」=「きっと投稿しない(完成しない)」ということになりそうなので、無理やり途中でぶった切って、第一話を投稿したんです。

 

その後も何度か細切れにしながら、二話、三話と投稿したのですが、この「途中で区切る」っていうのが意外と難しいと思いました。

 

できれば「えっ! 次どうなっちゃうの?」と引きを作って終わりたいですし、かと言って、そんなに引く箇所があるわけじゃないし。

 

これは慣れもあるかもしれませんが、そういう作りを意識していかないと、難しいですね。

 

読んでもらう手段がない(少ない)

これはもう、初めて投稿した人にとっては、どうしようもないことかもしれません。

 

カクヨムでトップページに載る(=人の目に触れる)としたら「新着小説」か「新着レビュー」しかありません。もちろんそれ以外にも色々あるのですが、一番目に触れるということであれば、やはりこのふたつでしょう。

 

というのも、PCに表示だとこのふたつがトップ下に位置しますし、スマホやアプリでも中盤辺りには載ってきますからね。

 

しかし「新着小説」だと、分単位で新しい小説が投稿されているので、トップページの一覧(8個)に載っている時にアクセスした方でないと、なかなか見ていただけません。

 

これは別にカクヨムだけの話ではありませんが、ネットで見つけてもらおうと思ったら、結構大変です。

 

それがあるから、前述したように「短い文字数で、話数を多く」という投稿スタイルになるんでしょうね。

 

たくさん書いて、読んで頂ける方が増えれば、解決するのだと思いますが……。

 

それに比べて「新着レビュー」は、まだ流れが遅いので、どなたかがレビューを付けてくれた時には、特にありがたいことになります。

 

 

 

他にも色々あるのですが、大きく分けるとこんなところですね。

 

いずにしても、まずは「小説をたくさん書く」というところからやっていかなくてはなりませんね。まだ一作目ですから。

 

それと、今回はカクヨムだけでしたが、次の作品は「小説家になろう」にも投稿できそうな(多分)内容にしてみましたので、両方に投稿していってみたいですね。