Apple Musicを解約。その理由と解約方法を解説

雑多記事Amazon Music Unlimited, Amazon Echo, Apple Music

こんばんは、しろもじです。

以前記事に書いていましたが、私はApple Music(Appleの音楽定額サービス)に加入していました。

ですが、色々考えた結果、Apple Musicと一時お別れすることとなりました。

理由はいくつかあるのですが、それは後で書きますね。

まずは解約方法から。

Apple Musicの解約方法

Apple Musicの解約は、iPhone、iPadなどのiOS端末から行うことができます(多分PCからでもできますが、ほとんど需要がなさそうなので、割愛します)。

最終的には同じ画面から行うことになるのですけど、そこに行き着くまで2つのルートがあるので、それぞれに解説していきます。

Apple Musicアプリから解約する方法

まずApple Musicアプリを立ち上げます。

 

下のメニューから「For You」を選びます。

すると右上に人の形のボタンが現れますので、それをタップ。

 

アカウントの画面が表示されますので、下にスクロールしていき「Apple IDを表示」をタップ。

ここでiPhone5s以降の端末であれば、指紋認証。それ以前の端末ではパスワードを求められますので認証します。

 

次の画面で下にスクロール。「登録」というのがありますので、これをタップ。

 

Apple Musicメンバーシップの画面になったら「登録をキャンセルする」とタップしましょう。

 

確認が表示されますので「確認」をタップ。

これで解約は完了です。

画面にも表示されていますが、解約後も期限まではApple Musicを使うことができます。

ただ、期限後はダウンロードしておいても聞けなくなりますので注意です。

設定から行う場合

設定アプリからも行うことができます。

まず設定アプリを立ち上げます。

 

「iTunes StoreとApp Store」をタップ。

 

一番上のApple IDをタップします。

 

ポップアップが開きますので「Apple IDを表示」をタップ。

 

ここからは上の方法と一緒ですが、一応解説しておきます。

アカウントの画面になりますので、下にスクロールし「登録」をタップ。

 

「Apple Musicメンバーシップ」の画面で「登録をキャンセルする」をタップします。

 

確認をタップすれば、解約完了です。

 

以上がApple Musicの解約方法になります。

ちなみに、同じ方法で再契約も可能です。

その場合は「登録をキャンセルする」のところでプランを選べばOKです。

Apple Music解約の理由

生活の中でMacやiPhone、iPadなどを使い、Appleのエコシステム自体は気に入っていました。

しかし、Apple MusicとAmazon Musicを比べた際、もっとも異なる点。

スマートスピーカーの有無。

正直、これが一番大きな理由でした。

Home Podさえ……Home Podさえ発売されていれば……。

 

しかし、考えてみれば例えHome Podが発売されたとしても、あの値段であの機能。

誤解のないように言っておきますと、私はApple信者ではありません

ただ、Apple製品がAndroid&Windows環境よりも使いやすいから使っているだけです。

それに製品価格は高くても、iPhone、iPad、Macは寿命が長いんですよね。

あくまでも個人的な感想ですが、コスパ的にはWin機よりもMacの方が良いと思っています。

 

しかし、スマートスピーカーをベースにして考えると、どう考えてもAmazon Echoを手放すということはなさそうで、だったらAmazon Music Unlimitedに絞った方が良いんじゃない? という結論です。

 

楽曲的にも、多少の違いはあれど許容できない範囲ではありません。

 

もうひとつの理由は、最近実家の母親に古いiPadを譲ったんですよね。

で「音楽聞き放題とかあるんだよね〜」と話していたときに、ふと「ファミリー共有ってあったよな」と思ったんです。

Apple Musicのファミリー共有もなかなか良さそうな感じだったのですが、とは言え「Amazon Music Unlimited 個人プラン」=780円+「Apple Music ファミリープラン」1,480円=2,260円というのは、あまりに音楽にお金を掛けすぎではないかと。

 

Amazon Music Unlimitedファミリープランなら1,480円だけです。

年額で払えば14,800円/年なので、実質月額1,234円。

これなら現状のAmazon Music Unlimited780円+Apple Music980円=1,760円よりも格段にお安くなりますよね。

 

現状よりもお安くできて、家族全員(6人まで)音楽を別々に楽しむことができる。

どう考えてもAmazon Music Unlimitedに統一した方がお得です。

 

長くなりましたが、そんな理由です。

でも一番大きいのは、やはりAppleのスマートスピーカー戦略がおかしいところだと思いますね。

日本で一向に発売しない。そもそも4万円近いプライスタグを付けている割に、Echo・Google Homeに比べて「ちょっと良いスピーカー」程度の機能しかない。

本当なら、2万円程度の価格でEcho・Google Home並の性能を、最も早い時期に出しておかなくてはいけなかったのだと思います。

Siriも停滞していますし、ここのところのAppleは流石にちょっと変だと言わざるを得ません。

でも完全に失望したというわけでもありませんから、次のイノベーションを期待したいところではありますけどね!

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました!