「次にくるマンガ大賞2018」の結果が発表! 1位に輝いたのは……

雑多記事漫画

こんばんは、しろもじです。

以前、TEXT FIRELDでもお伝えしていたniconicoとダ・ヴィンチなどが開催している「次にくるマンガ大賞2018」の結果が、本日発表されています。

コミックス部門で1位に輝いたのは小西明日翔先生の『来世は他人がいい』です!

2位は、原作稲垣理一郎先生、作画Boichi先生の『Dr.STONE

※こちらはKindle版が2018年8月27日まで、無料で1巻読めるようになっています!

3位には、かんば まゆこ先生の『錦田警部はどろぼうがお好き

4位以下は、以下からご覧下さい。

 

Webマンガ部門で1位を獲得したのは、しろまんた先生の『先輩がうざい後輩の話』。

個人的に、これ一番おすすめです。

2位には、桜井海先生の『おじさまと猫

3位に、おおのこうすけ先生の『極主夫道

4位以下の作品は以下から。

 

次にくるマンガ大賞2018公式サイト」では、試し読みもできるようになっていますので、気になる作品があったら、ちょっと見てみるといいですね。

 

それにしても、マンガの一覧を見ていて思うのは「小説よりもマンガの方が多様性があるのでは?」という疑問です。

もちろん、マンガにもテンプレはありますし、中には「どこかで見たな」というものもあります。

それに、創作は0から1となるわけではなく、既存のものに何かを足したものになる、というのは当然のことでもあります。

 

しかし、それを差し引いても、マンガの方が「そんなジャンルがあるのか!?」と思えるようなものが多いんですよね。

小説をマンガを比べた場合、表現力の幅の違いはあり、そこが文字ベースの小説にとっては難しいところではあるのですが、それでも、何か新しいものを生み出したい! という気持ちにはなってきますよね。

 

「次にくるマンガ大賞2018」のフェアも行われるそうですよ。

8月24日より、全国の書店で各部門1位の商品を買うと「描き下ろしポストカード+缶バッジ」もしくは「描き下ろしポストカード」が貰えるというフェアです。

どの書店で、どのプレゼントが貰えるのかは、上記リンク先を確認の上、書店店頭でもご確認下さいね。