8月31日から行われる「バンコク日本博」のテーマソングのミュージックビデオが解禁

2018年8月17日雑多記事創作者向けニュース

株式会社ジェイエデュケーションを本部とする実行委員会が手掛ける、タイで最大級となる日本総合展示会『バンコク日本博』 にて、イベントテーマソング「未来を描いて」の日本語verを声優アーティスト「鈴原 知花」が歌唱、同曲のミュージックビデオが解禁されています。

バンコク日本博とは?

私も知らなかったのですが、3日間で10万人の来場者数となる、タイ最大級の日本総合展示会。

それが「バンコク日本博」。

同イベントでは「日本の旅行」「食」「伝統工芸」「コンテンツ」「日本留学」「就職」「エンターテイメント」など日本の魅力をタイで発信しているそうです。

イベントの概要は以下の通り。

【バンコク日本博2018概要】

主催:バンコク日本博2018実行委員会・(株)ジェイエデュケーション
日時:2018年8月31(金)、9月1日(土)、9月2日(日)11:00~20:00
会場:サイアムパラゴン5階 ロイヤルパラゴンホール
関連リンク:http://japanexpothailand.jp

公式サイトは上のリンク先になります。

 

タイには行ったことがないのですが、日本で働いているタイの方には会ったことがあります。

個人差というのもあるのでしょうが、真面目な方でした。

他にもベトナム、中国の方などとも働いたことがありますが、皆本当に真面目。

 

イベントとしては、すこし前に記事にした台湾の「漫博18」に比べると、やや少なめですが、まぁ今後増えていくのでしょう。

バンコク日本博2018テーマソング「未来を描いて」

先行PVがYOUTUBEにアップされています。

なかなかキレイな曲ですね!

フルバージョンは2018年8月末の公開予定だそうです。

【曲情報】

Tittle  : NIPPON HAKU BANGKOK 2018 THEME SONG「未来を描いて」Japanese ver.
Compose : Jun Hoshina
Japanese Lyric : Jun Miyajima
Arrange : Jun Hoshina, Jun Miyajima
Vocal direction : KOUTAPA
Vocal : CHIKA SUZUHARA

クールジャパン?

これを知ったとき、初めに思ったのが「これって、例のクールジャパン機構絡み?」ということでした。

ちょっと前に、その投資先の悲惨さがニュースになっていましたね。

流石に全ての投資先がこんなことになっているとは思い……たくないのですが、どうなのでしょうか?

とりあえず、クールジャパン機構の「投資先」を見る限りは、ここは違うみたいです。

バンコク日本博のウェブサイトの概要を見ると「在タイ日本国大使館」「日本貿易機構(JETRO)」「日本政府観光局(JNTO)」などの名前がありますので、官民一体のイベントであるのは確か。

この辺りがスポンサードしているから、クールジャパン機構は外れているのかもしれません。

それにしても「応援」に

「日本国副総理、財務大臣兼金融担当大臣 麻生太郎衆議院議員」

って(笑)。

そういや麻生さん、漫画好きなんでしたっけね?

 

この手のイベントは「官に任せるとちょっとどうかな?」とも思いますし、かと言って「民だけでやろうと思うと大変」ということもあり、適度な連携が必要になりそうです。

クールジャパンの件は、色々あるんでしょうけど、それが上手くいってなかったんでしょうね。

 まぁ、恐らくですが「やらされ仕事」になっていたんじゃないかなぁ、と。

自分たちで手を挙げて「やらせて!」という場合と「こういう仕事です。やって下さい」というのでは、やはり結果に差が出てきますからね。

「モチベーション」とか「やる気」みたいなのもありますが、やはり「絶対成功させたい!」という気持ちがないと、なかなか上手くいかないものです。

 

バンコク日本博は、ぜひ上手く行って欲しいものですね!