GIMPで「鉛筆で描写」や「ブラシで描写」「塗りつぶし」などができないときの対処法

小説家のためのブログ運営GIMP

こんばんは、しろもじです。

以前「GIMPを使って、画像に枠線を挿入する方法」という記事を書きました。

GIMPはフリーの画像処理ソフトで、写真などの編集はもちろん、線を書いたり、図形を書いたり、もちろん絵も書けるソフトです。

ウェブサイトを作る際には、色々な画像を扱うことも多いと思いますので、GIMPかフォトショップのような画像処理ソフトはあった方がいいでしょう。

で、今回の話。

「GIMPで鉛筆ツールを使って線を引こうと思ったら、書けない!」ということがあります。

GIMPで「鉛筆で描写」「ブラシで描写」「塗りつぶし」ができない!!

結論から言うと「選択範囲が指定されたままだから」ということになります。

前回の記事のように、四角に範囲指定して「選択範囲の境界線を描写」してみます。

少し分かりにくいのですが、赤い線のなかに点線があるのが見えますね。

この状態が「選択範囲がしていされたまま」になります。

 

この状態で、四角の左から右に向かって線を引いてみましょう。

以前の記事で解説していますが、鉛筆ツールを使ってみます。

一応補足しておきます。

上のツールボックスの中の赤い枠のものが「鉛筆ツール」になります。

青は「ブラシツール」、黄色は「塗りつぶし」です。

 

 

鉛筆ツールを使って、左から右に線を引きます。

 

すると、こういうふうになります。

つまり「選択範囲を指定中だと、選択範囲の中でしか、描写ができない」ということですね。

ちなみにこれは「ブラシツール」も同様です。

「塗りつぶし」だけは少しだけ違っていまして「選択範囲内を塗りつぶし」と「類似色を塗りつぶし」というものがあります。

「塗りつぶし」を選択後、ツールボックスの下にある「ツールオプション」に設定があります。

「類似色」というのは、それを選んでクリックした部分と、同じ色の箇所を塗りつぶすということになります。

 

ちょっと話を戻しましょう。

では、選択範囲以外の箇所に、線を引く場合はどうしたらいいのか?

これは「選択範囲を解除してやればいい」ということになります。

メニューの「選択」から「選択範囲の解除」をクリックします。

これで選択範囲がなくなりますので、画像のどこにでも線を引くことができるようになります。

 

GIMPでブログに使う画像を編集していると「選択範囲で四角を書いて、その後矢印を手書きで書く」みたいな行程があって、そのまま書こうとして「書けないじゃん!」ってなることが結構あります(笑)。

そんなときは、この方法を試してみて下さいね。