Amazon Musicアプリに新機能「Alexa Cast」! スマホで再生中の楽曲がシームレスにEchoで再生可能に

日々徒然amazon, Amazon Music Unlimited, Amazon Echo

こんばんは、しろもじです。

Amazon Music Unlimitedを使ってスマホで音楽を再生している場合、そのまま続きをEchoシリーズで再生できる機能「Alexa Cast」が、利用可能になっています。

Alexa Castとなどんな機能?

通勤通学などで、スマホからAmazon Music Unlimiteで音楽を聴いているとします。

その後帰宅し「家ではEchoで聞きたいな」と思ったとき、以前ならばもう一度同じ楽曲をAlexaに音声で言うか、Alexaアプリから再生するしかありませんでした。

Alexa Castを使えば、そのまま続きをEchoで再生できるようになります。

 

「Echoを使わないで、スマホとBTスピーカーを直接繋いで再生」と違う点は「スマホ側のアプリを終了してもOK」「Echoで再生されたら、スキップ等が音声コマンドで使える」点になります。

使ってみましたが、なかなか便利そう。

Alexa Castはどう使う?

では、実際に使ってみましょう。

まず、Alexa Castを使うには、Amazon Musicアプリを最新にしておく必要があります。

アップデートを確認し、バージョン「8.2.0」になっているか確認しましょう。

これはiPhoneの場合で、アンドロイドでも同機能は使えますが、すみません、バージョンは分からないです。7月27日の最新バージョンなら大丈夫だと思います。

 

バージョンアップ後、Amazon Musicアプリを起動するとAlexa Castの案内が表示されるはずです。

とりあえず、案内だけなのでOKをタップ。

 

続いて、楽曲を再生します。

再生中の楽曲の右下に、赤枠のようなボタンが追加されているはずです。

これがAlexa Castのボタンになります。

タップしてみましょう。

 

「音楽を再生する端末をお選び下さい」と表示されますので「Echo(Dot)」をタップ。

 

すると、Echoと接続され、先程のマークが青色に、またアルバム名などの下に「Echo Dotに接続中です」と表示が出てきます。

これでEchoから音楽が再生されるようになります。

 

この状態で色々やってみました。

「Amaozn Musicアプリで曲をスキップする」スキップされます。

「Echoの音声コマンドで曲を停止する」停止しました。

「Amazon Musicアプリを他のアプリに切り替える」Echoからの再生は継続します。

「Amazon Musicアプリを終了する」Echoからの再生は、やはり継続します。

「Amazon MusicアプリでEchoとの接続を解除する」再生が止まります。

 

ちょっと挙動的に難しいところがあるのですが、こんな感じです。

それほど難しい操作ではないので、なかなか便利な機能と言えるでしょう。

 

ちょっとだけ注意点を。

このAlexa Castは「Amazon Music Unlimited」の場合「個人プラン」「ファミリープラン」でないと使えません。つまり「Echoプラン」では利用不可。

これは先日も記事にしましたが「Echoプランでは、Amazon Musicアプリから楽曲が選べないため」になります。

ただ「Prime Music」なら利用ができます。

※Prime Musicとは、Amazon Prime会員が利用できる音楽サービス。詳しくは上記リンク先を見てみて下さい。

 

そういうわけで、私、この度「Echoプラン」から「個人プラン」にアップグレードしました!

Apple Musicも利用中ですので、音楽だけで月額1,700円くらい払っていることになります。

まぁ、その分、車の中や家などで聴いているので、十分元は取っていると思っていますけどね。

 

それで、ふと今回「個人プラン」に戻して思ったことがあります。

「個人プラン」から「Echoプラン」に戻しても、Amazon Musicアプリ内のプレイリストなどは消えないんですよね。

という事はですよ。

個人プランにする。プレイリストでお気に入りの楽曲を登録。

Echoプランに戻す。

Alexaに「◯◯(プレイリスト名)を再生」で、Echoプランでも狙った楽曲を再生できるということではないでしょうか?

いやまぁ、できたとしても、また新しい楽曲を登録するたびに「個人プラン」に戻さなくちゃいけませんし、そんなに頻繁に「個人」「Echo」「個人」「Echo」を繰り返していると、Amazonさんに怒られる可能性も否定できません。

ですので、私はしばらくこのまま行こうと思います(小心者)。

もし試される方がいらっしゃいましたら、個人責任でお願いします。

歌詞表示機能にも対応(一部)

また、今回のアップデートで、遂に(やっと?)歌詞機能が搭載されています。

と言っても、全ての楽曲ではなく、一部のようです。

対応している楽曲では

アルバムアートワークの下に、このような帯が表示されています。

ここを掴んで上へスワイプすると

このように歌詞が表示されます(怖いのでモザイクかけています)。

 

これ素晴らしいことに、該当する箇所の歌詞が色が変わるんですよ。カラオケみたいに。

しかも、上の画像の収納している場合でも、そこに1行だけ歌詞が表示されるのですが、そこも今のパートを順次表示しています。

地味に便利だと思うんですけどね。

Apple Musicなどでも歌詞表示はされますが、この機能はなかったはず。

 

願わくば、もう少し対応が増えてくると嬉しいのですが、Amazonさんのことですから、しばらくすれば増えてくるのだと思います。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!