Amazon PayがQRコード決済に対応して、店頭でも使えるように!

雑多記事amazon

こんばんは、しろもじです。

Amazon Payって、Amazonのシステムを使った決済方法で、イメージ的には「ネット上の決済で使っているところがあるらしい」という程度の認識でしたが、遂にQRコードに対応して、店頭でのAmazon決済ができるようになったと、発表されています。

と言っても、どこでも使えるというわけではなく、現在提携しているNIPPPON PAYのタブレット端末が置かれた店のみの対応となり、現時点では対応店舗はないはずです。

これから順次……といったところでしょうね。

 

しかし、NIPPON PAYさんのウェブサイトを見ると「タブレット端末を無料でレンタル」や「決済手数料無料(他サイトによると2020年まで、とのこと)」という記述があるので、導入店舗は増えていくはず。

特に「非接触系のリーダーを導入できない中小小売」にとっては、魅力的なサービスとなるはず。

 

Amazonにしてみれば「決済手数料収入+Amazon決済会員の確保」に繋がりますし、NIPPON PAYにしてみれば「無料でタブレットをレンタルしても、有償サービスでの収入」が増えれば、ペイできる……んでしょうね。

まぁ「タブレット無償」というのは、最近のビジネススキームとしては、よくあるパターンとも言えます。

「後々高くつく」というよりは「長ーく、お金がかかる」という感じ。

特に決済サービスは、一度導入してしまうと、もう後戻りはしにくいですからね。

 

利用者側からすると「カードなしでも決済できる」という利点がありますよね。

ますますAmazon依存を高めてしまう、という副作用もあるかもしれませんけど(笑)。

まぁ、便利と言えば便利なので、早く広まって欲しいものではありますけどね。

利用方法はAmazonアプリでQRを表示

すでに、AmazonアプリにてQRコードの表示ができるようになっていましたので、早速やってみました。

 

まずAmazonアプリを立ち上げます。

 

左上のハンバーガーメニュー(横3本のボタン)を押し、メニューを出します。

「全てを見る」をタップ。

 

「Amazon Pay」をタップ。

 

すると、QRコードが表示されますので、これをお店の端末で読み取れば、決済完了ということになります。

 

ちなみにQRコードは画面を立ち上げる度に変わりますので、ワンタイム利用しかできないようです(不正利用の防止だと思います)。

 

NIPPON PAYのタブレットは、Amazon Pay以外にも、中国での決済が多いAlipayやWe chat Payなどにも対応しているとのことですので、これから東京オリンピックなどで海外旅行者の来日が増えそうなことも、同システムの導入を後押ししそうですね。