スマートスピーカー対応LEDシーリングライト、LED電球がアイリスオーヤマから発売(Alexa対応家電の状況)

2018年11月8日雑多記事amazon, Amazon Echo, google

こんばんは、しろもじです。

Amazon Echoなどスマートスピーカー対応のLED電球と言えばPhilipsのHue(ヒュー)シリーズが有名ですが、最近家電分野への進出が著しいアイリスオーヤマがこの分野に進出してくることが分かりました。

今回発売されるのは「スマートスピーカー対応LEDシーリングライト」と「スマートスピーカー対応LED電球」の2種類です。

スポンサーリンク

スマートスピーカー対応LEDシーリングライト

まずシーリングライトから。

無線LAN機能を本体に内蔵することにより、対応スマートスピーカー(Google Home、Amazon Echo)や専用アプリを通じて音声で照明のコントロールが行なえます。

照明のコントロールとは照明のオンオフに加えて、調光・調色(モデルによる)も音声によりできるようです。

モデルはデザインフレームタイプと薄型タイプに大別され、それぞれで外観デザインや適用畳数の違いがある模様。

発売は12月10日より、価格などは以下の通りです。

品名 スマートスピーカー対応LEDシーリングライト
形状 デザインフレームタイプ 薄型タイプ
規格 CL8D-6.0AIT CL12D-6.0AIT CL8DL-6.0AIT CL12DL-6.0AIT CL6D-6.0HAIT CL8D-6/0HAIT CL6DL-6.0HAIT CL8DL-6.0HAIT
適用畳数 〜8畳 〜12畳 〜8畳 〜12畳 〜6畳 〜8畳 〜6畳 〜8畳
全光束
(lm)
4.299 5.499 4.299 5.499 3.699 4.299 3.699 4.299
消費電力
(W)
30.8 39.3 30.8 39.3 26.5 30.8 26.5 30.8
発光効率
(lm/W)
139.6 139.9 139.6 139.9 139.6
製品サイズ φ700×127mm φ600×127mm
付属品 リモコン
対応機種 Google Home、Amazon Echoシリーズ
価格
(税抜)
15,800円 17,800円 17,800円 20,800円 13,800円 14,800円 14,800円 15,800円
発売時期 2018年12月10日

 

スマートスピーカー対応LED電球

もうひとつの製品は、同じくスマートスピーカーに対応したLED電球。

こちらも無線LANを内蔵しており、単体でスマートスピーカーからの操作が可能となっています。

価格などは以下の通り。

品名 スマートスピーカー対応LED電球
形状 E26
調光・調色 調光 調光・調色 調光・RGBW調色(※)
規格 LDA9L-G/D-86AITG LDA9D/L-G/D-86AITG LDA10F-G/D-86AITG
全光束(lm) 810
消費電力(W) 8.9 9.1 9.7
製品サイズ φ60×118mm
対応機種 Google Home、Amazon Echoシリーズ
価格(税抜) 3,980円 4,980円 6,980円
発売時期 2018年11月30日

※赤・緑・青・白とのその間の中間色での兆候が自由自在にできるため、色彩豊富ないろの演出が可能

Alexa対応家電の現状

現時点でAlexa(Echo)で家電をコントロールしようとすると、その多くが赤外線リモコン機能を持つ製品を介してになります。

それは手持ちの家電をそのまま利用できるので汎用性が高い半面、あまりスマートではありません(設定もやや面倒ですし)。

 

一方で今回のアイリスオーヤマが発売する製品では、直接Echoからコントロールを行うことができます。

しかし、ブリッジが内蔵されているEcho Plusからのみになるのが欠点とも言えます。

 

例えばEcho Dot(5,980円)と赤外線リモコンの代表格であるラトックシステムの製品(6,872円)ですと、合計で12,852円。

Echo(11,980円)と組み合わせると、合計18,852円。

一方Echo Plusは17,980円ですから、直接コントロールできる家電が増えてくればPlusを買った方がお得になりそうです。

何よりスマートですからね。

※価格は記事執筆時のもの

【2018年11月15日訂正】

本製品はEcho Plus以外のEchoシリーズでもキチンと動作致します。

コメントにてご指摘いただき誤りに気づきました。大変申し訳ございません。

メーカー様、ご来訪者様に誤解とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫びします。

バツとしてキチンと本商品を買って勉強し直します!

 

その他のEchoから操作できる家電としては、先程記述したPhilipsのHueシリーズ。

プラグ自体のスマートプラグ。

ご存知、自立型掃除機のルンバ。

ドアのロック・解除ができるスマートロック。

SONYのブラビアも対応していますね。

 

おおよそ実用的なのはこのくらいでしょうか。

後はスピーカー関連は多くあったりしますね。

Amazonの「スマート家電」のページに詳しく載っています。

 

先日Amazon.USで発表されていた電子レンジなども、そのうち上陸するでしょう。

あ、でもあれはEcho Dotでも動くんでしたっけ? ちょっと違うカテゴリなのかも。

これ以外で便利そうなのはTVやエアコンくらいでしょうか?

TVは新型Fire Stick TVが擬似的ながら音声コントロールに対応するので、これで代用できるかもしれません。

エアコンの方もそのうち来るでしょうね。

と言うか、どうして主要メーカはAlexa対応エアコンを作らないんでしょうね?

コスト的なものかな? 技術的なものかも?

 

そういう意味でも今回のアイリスオーヤマの参入は素晴らしいと思います。

アイリスオーヤマと言えば「安かろう悪かろう」と言われた時期もありましたが、最近ではその印象も薄れつつあります。

とは言え、個人的にはまだ一部の商品では「どうだろう?」と思ってしまうものもあったりします。

ただ、家ではアイリスオーヤマの人感センサー付き電球を使っていまして、これが1年以上になるのですが故障もなくいい感じです。

まぁ大手メーカでも壊れるときは壊れますからね。◯◯◯◯タイマーなんてものもありますし(笑)。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!