Amazonの置き配が、30都道府県にて初期設定に

2020年3月23日雑多記事amazon

Amazonからの配達のオプションである「置き配指定サービス」が30都道府県(一部除く)にて、初期設定に指定されるとアナウンスされています。

スポンサーリンク

置き配とは?

©Amazon.co.jp

置き配とはその名の通り「玄関先など指定された場所に置くことで配達完了とするサービス」です。

配達場所については「玄関」の他に「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」が指定できるようです。

どんな感じなのかちょっと試してみました。

商品を選んでカートへ進みます。最終ページで「置き配指定」の箇所がありますので、こちらをクリック。

ポップアップで置き配指定が出てきますので、ドロップダウンリストから指定するようです。

実際に発送されたわけではないので分からないのですが、どうやらここを指定しないとデフォルトの「玄関」へ置き配されるみたいです。

追記

後日別の注文をしたところ、デフォルトで「玄関」と指定されていました。

注文の最後(確定時)に出てきますので、置き配して欲しくない人はここで変更が必要ですね。

対面受け取りも指定可能

置き配の場所指定は配達完了まで変更可能だそうですので、例えば注文した後で受け取れるようになった場合や、逆の場合も変更できそうですね。

もちろんこれまで通り対面での受け取りも可能ですので、先程の選択画面で「置き配を利用しない」を選択することも可能です。

置き配はAmazon.co.jpが発送し、一部のデリバリープロバイダが届けるものが対象ですので、一部の商品などは対象外なものもあるみたいです。実際いくつかカートに入れて試してみましたが、置き配指定の表示が出てこないものも見受けられました。

置き配で配達されると指定の箇所に配達後、配達員は専用タブレットで配達した場所の写真を撮影。配達完了メールが届きますので、そこから確認ができるという感じのようですね。もちろんサインは不要です。

また指定した場所に配達が困難な場合などは、連絡が入り要相談となるみたいです。例えば雨が降っていて玄関先に置くとずぶ濡れになるとか、ガスメーターを指定しているが入らないとか。

置き配で心配なのが「失くなったらどうするの?」だと思います。Amazonの置き配のページには「補償対応」についても記載されています。

置き配指定サービスでも、配送状況画面で商品がお届け済みと表示されているのに届いていない場合など、お客様から状況を伺い、商品の再送や返金に対応いたします。

Amazon.co.jpより引用

と記載されています。どの程度、どの範囲で適応されるのかは分かりませんが、少なくとも「置き配は自己責任。失くなっても知らね」というわけではありませんから、それほど心配する必要はなさそうです。

置き配が利用可能な地域

記事執筆時点で置き配指定が可能なエリアは以下のようにアナウンスされています。

置き配指定可能エリア

北海道       江別市、札幌市、石狩市、北広島市

宮城県      遠田郡、塩竈市、加美郡、岩沼市、栗原市、黒川郡、仙台市、多賀城市、大崎市、登米市、名取市

福島県       いわき市、伊達市、郡山市、須賀川市、福島市、本宮市

新潟県     燕市、新潟市

山梨県       甲斐市、甲府市、中央市、中巨摩郡、笛吹市、南アルプス市

茨城県       つくばみらい市、つくば市、ひたちなか市、牛久市、結城市、古河市、取手市、守谷市、常総市、水戸市、筑西市、土浦市、東茨城郡、那珂郡、那珂市、日立市、龍ケ崎市

群馬県       みどり市、伊勢崎市、館林市、桐生市、高崎市、佐波郡、渋川市、前橋市、太田市、北群馬郡、邑楽郡

栃木県       さくら市、宇都宮市、下都賀郡、下野市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、足利市、大田原市、栃木市、那須塩原市、矢板市、

埼玉県       さいたま市、ふじみ野市、羽生市、越谷市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、狭山市、熊谷市、戸田市、幸手市、行田市、鴻巣市、坂戸市、三郷市、志木市、児玉郡、春日部市、所沢市、上尾市、新座市、深谷市、川越市、川口市、草加市、朝霞市、鶴ヶ島市、東松山市、南埼玉郡、日高市、入間郡、入間市、白岡市、八潮市、飯能市、富士見市、北葛飾郡、北足立郡、北本市、本庄市、蓮田市、和光市、蕨市

神奈川県 愛甲郡、綾瀬市、伊勢原市、横須賀市、横浜市、海老名市、鎌倉市、茅ヶ崎市、厚木市、高座郡、座間市、三浦郡、三浦市、小田原市、秦野市、逗子市、川崎市、相模原市、足柄上郡、大和市、中郡、藤沢市、南足柄市、平塚市

千葉県       印西市、印旛郡、浦安市、我孫子市、鎌ケ谷市、君津市、香取郡、香取市、佐倉市、山武郡、山武市、四街道市、市原市、市川市、習志野市、松戸市、成田市、千葉市、船橋市、匝瑳市、大網白里市、柏市、白井市、八街市、八千代市、富里市、茂原市、木更津市、野田市、流山市

東京都       あきる野市、稲城市、羽村市、葛飾区、江戸川区、江東区、港区、荒川区、国分寺市、国立市、狛江市、三鷹市、渋谷区、小金井市、小平市、昭島市、新宿区、杉並区、世田谷区、清瀬市、西多摩郡、西東京市、青梅市、千代田区、足立区、多摩市、台東区、大田区、中央区、中野区、町田市、調布市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、八王子市、板橋区、品川区、府中市、武蔵村山市、武蔵野市、福生市、文京区、豊島区、北区、墨田区、目黒区、立川市、練馬区

愛知県       みよし市、愛知郡、安城市、一宮市、岡崎市、岩倉市、犬山市、江南市、春日井市、小牧市、西春日井郡、丹羽郡、長久手市、日進市、尾張旭市、豊橋市、豊川市、豊田市、豊明市、北名古屋市、名古屋市

岐阜県       羽島郡、各務原市、岐阜市、瑞穂市、多治見市

三重県       松阪市、津市

静岡県       沼津市、焼津市、静岡市、袋井市、藤枝市、磐田市、浜松市、富士市

滋賀県       栗東市、守山市、草津市、大津市、野洲市

京都府       宇治市、久世郡、京都市、向日市、城陽市、長岡京市、八幡市

大阪府       茨木市、羽曳野市、貝塚市、岸和田市、交野市、高石市、高槻市、堺市、四條畷市、守口市、松原市、寝屋川市、吹田市、摂津市、泉佐野市、泉大津市、泉南郡、泉北郡、大阪狭山市、大阪市、大東市、池田市、東大阪市、藤井寺市、柏原市、八尾市、豊中市、枚方市、箕面市、門真市、和泉市

奈良県 磯城郡、宇陀市、橿原市、高市郡、桜井市、生駒郡、生駒市、大和郡山市、天理市、奈良市、北葛城郡

兵庫県       たつの市、芦屋市、伊丹市、加古郡、加古川市、高砂市、三田市、神戸市、西宮市、川西市、尼崎市、姫路市、宝塚市、明石市、揖保郡

岡山県       岡山市、倉敷市、都窪郡

広島県       安芸郡、呉市、広島市、廿日市市、福山市

宮崎県       宮崎市

熊本県       菊池郡、熊本市、合志市

佐賀県       佐賀市

鹿児島県 鹿児島市

大分県       大分市

長崎県       西彼杵郡、長崎市、諫早市

福岡県       久留米市、古賀市、糸島市、春日市、糟屋郡、太宰府市、大川市、大野城市、筑紫郡、中間市、福岡市、北九州市、柳川市

個人的配達方法のベストは「コンビニ受け取り」

前述したように補償はあるようなのですけど、人によっては「置かれるのはイヤ」という方もいらっしゃるかと思われます。でも日中は誰もいないし、なかなか受け取れないんだよなぁ……という方に私がおすすめするのは「コンビニ受け取り」です。

やり方は簡単で配達先を選ぶところで「受取スポットを探す」を選び、

近所のコンビニを指定するだけです。

注意点としては「商品によっては特定のコンビニでは受け取れないものがある」ことと「そもそもコンビニ受取が不可なものもある」こと。

あとは「セブンイレブンは指定できず、基本的にはファミリーマート、ローソンの2択になる」ことでしょうか。

ただコンビニ受取にすると、24時間いつでも受け取れるというのが便利なんですよね。家にいるつもりが突然の残業で「あぁー!」ってなることもないですし。

受け取り方は簡単です。以前はロッピーやファミポートなどを操作する必要がありましたが、最近ではAmazonから送られてくるメールだけでバーコード表示ができるようになっています。

Amazonから来る「商品が到着しましたメール」のリンクをクリックすると、ブラウザが開きますで「はい」をクリック。

すると商品の画面に移行します。そのまま下にスクロールするか「バーコード部分へ移動」をクリックするとバーコードが表示されますので、店員さんにそれを見せればOK。

バーコードは30分だけ有効なので、コンビニに着いてから操作しましょうね。

まとめ

再配達などの手間を考えると、今後は配達は一度だけに絞られる可能性は高くなっていきそうです。まぁ何度も何度も無料で再配達するコストって、結局それらを利用していない人にも跳ね返ってきますからね。

アメリカではドローンの配達がかなり真面目に検討されているようですけど、あれってどうなったんでしょうね?

まぁでも日本ではちょっと難しいかなぁ……電線多いですしね。田舎であれば可能かもしれませんけど、ちょっと難しそうです。

最終的には一軒家にはドローンか自動運転の車で配達、都市部などの集合住宅には人の手でという形に落ち着きそうな気もしますね。マンションなんかだと、今後は配達ボックスの設置が必須条件になりそうです。

[合わせて読みたいおすすめリンク]