【8/2-8/4】東京青山でAmazonがKindleシリーズの体験会を実施

雑多記事amazon, kindle

Amazon2019年8月2日(金)から8月4日(日)まで、東京の青山にある「SHARE GREEN MINAMIAOYAMA」にてKindleシリーズの読書体験会を実施すると発表しています。

スポンサーリンク

Amazon主催 Kindle電子書籍リーダー体験会

イベントの概要は次の通りです。

【Kindle電子書籍リーダー体験会 概要】

日時:2019年8月2日(金)〜4日(日)10:00〜22時(4日は15時まで)
場所:〒107-0062 東京都港区南青山1-12-32(https://share-green.com/access/

概要:

〜グランピング空間〜
都会に作り上げられたグランピング空間。芝生に設置されたテント内の心地よいリビングやハンモックで、読書しながら優美なアウトドアタイムを体験いただけます。

©️Amazon.co.jp

〜たくさんの本に囲まれたカフェ空間〜
屋内は、美味しいコーヒーとともに理想の読書タイムがお楽しみいただけるブックカフェを期間限定で演出しています。本に囲まれた心地よい空間で、ゆっくりくつろぎながらKindleを体験いただけます。

©️Amazon.co.jp

※画像はイメージです

なんか2番目の説明って「本に囲まれた空間でKindleを体験」って面白い文章ですよね(笑)。

それにしても青山って結構おしゃれな場所じゃないですか!(田舎者の意見)

イメージ画像を見る限り、都会の真ん中でアウトドア的な空間が体験できるってなんだか素敵っぽいですよね。暑そうだけど。

で、グランピングってなんだ? どこかで聞いたことがあるような気がするけど……と思って調べてみたら「グラマラス(魅惑的な)とキャンピングをかけわせたもの」らしいですね。要はテントを立てたり火を起こしたりとか、そういう面倒なのはしないでキャンプ的な体験だけを行える施設でやるのがグランピングらしい。

「そんなのダメでしょ! 松ぼっくり使って火を起こさないと反則でしょ!?」

と憤慨しつつも、本心では

「いいな、それ」

と思ってしまった辺り、私も歳をとってしまったのかもしれません……。しろもじのキャンプ離れが近年著しい。

というわけで、東京近郊にお住いの方で興味のある方は参加してみるのもいいかもしれません。プレスリリースには特に書いてなかったけど、多分無料だと思いますし。

地方にお住みの方や「青山なんておしゃれ空間に行けるわけないじゃん!」という方(私含)のために、私がKindleがどのような方にオススメなのかを解説しておきましょう。

Kindleはe-inkディスプレイを搭載しており、スマホなどの液晶(もしくはOLED)などの画面に比べて、紙に近い読書体験ができる端末です。

近年のKindle端末は全てライトを搭載しており、暗い場所でも読書ができるようになっていますが、これは直接目に照射されないフロントライトになっており、疲れにくくなっています(もちろんオフにもできる)。

e-inkの恩恵は目に優しいだけではなく、ロングバッテリーにも貢献しているため、頻繁な充電が必要ないのも個人的には素晴らしいと思う箇所です(原則的にe-inkの書き換え時とフロントライトしか電力を使わないため)。

また数千冊の本(一般的な書籍)が端末に収納できるのも嬉しいところです。本が本棚から溢れ出すのを心配しないで新しい本を買うことができますしね(その分、積ん読も増えていくわけですが)。

ちなみにAmazonで買ったKindle本は、クラウド上に置いておくこともできるので、例えば「読んだら端末から削除。また読みたい時にダウンロード」という使い方も可能です。

という感じで、個人的には結構オススメなんですけど、とはいえ「月に1冊も読まないよ」という方であれば、スマホのKindle Appでも十分かもしれません。旅行とか出先とかでちょっとの合間に読書をしたいときとかは、スマホの充電量を気にしないで使えるわけでKindleもオススメなんですけどね。

そういえば今週末はちょうどAmazonのタイムセールをやっててKindle端末もお安くなっているんですよね(しれっと)。

無印Kindleが2,000円オフの6,980円。

防水仕様(IPX8等級)のKindle Paperwhiteが4,000円オフの9,980円になっています。

お風呂で読まない、漫画は読まないという方であれば無印でも十分です。逆に漫画もKindleで読みたい方は解像度の高いPaperwhiteの方がオススメです(無印:167ppi Paperwhite:300ppi)。

[合わせて読みたいおすすめリンク]