カクヨム掲載作品をBOOK☆WALKERにて配信が可能に!

小説講座

先日から始まっている「新作ライトノベル総選挙2018」を主催している総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」ですが……。

本日より、カクヨムに投稿している作品をBOOK☆WALKER上で配布・販売することが可能になりました。

出版までの流れ

上のリンク先にも詳しく記載されていますが、ざっくり簡単に整理してみました。

1.BOOK☆WALKER著者センターに新規登録

まずは「BOOK☆WALKER著者センター」に新規登録する必要があります。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • その他の著者情報
  • 振込先口座

などを登録。

出版社名も登録できるそう。実在の出版社と被っては駄目ですが、オリジナルの出版社名を付けられるそうです。

2.カクヨムIDとの紐付け

登録後、ログインすると「著者センター カクヨムID紐づけ」の画面に移行するので、そこにカクヨムIDを入力。

認証コードが表示されるので、それをカクヨムの公開プロフィールに設定。

※ここがイマイチよく分かりません。現状、私はまだ登録していないのですが、カクヨムの公開プロフィールを見る限り、そのような項目は見当たりません。

もしかしたら、紐付けした時点で表示されるようになるのかも?

あとで、ちょっとやってみます。

3.EPUBデータ・表紙作成

カクヨムに投稿された小説から、電子書籍形式(EPUB)に変換を行います。

表紙はデフォルトの背景から選び、フォントを調整して作成する方法と、自身で画像データを用意してやる方法があります。

ただ「小説単位での出版」になるそうなので「章ごと」は無理な模様。

4.本の諸情報を入力して、出版申請

  • 本のタイトル
  • 著者名
  • キャッチコピー
  • 内容紹介

などを入力して、申請すれば1,2日後には配信が可能だそうです。

凄い! ……のだけれど

確かに一見「これは凄いじゃないか!」と思えますが、よくよく考えてみると「カクヨムで無料で公開している小説に値段を付けて売るの?」という問題もあります。

自分で電子出版を行う場合、例えば1話のみを無料で配布して、2話移行は有料という手段がありますが、このシステムだと「カクヨムを使えば全部無料で読める」わけですから、ちょっとどうかなぁ……。

 

BOOK☆WALKER側でも無料に設定すれば良いと言えばそうなのですが、あまりメリットが……。

カクヨムで非公開にしている作品でもできるのでしょうか?

この辺は、ちょっと実際にやってみないと分からないので、近々にレポを兼ねてやってみたいと思います。

 

AmazonなどのKindle Direct Publishing(KDP)などでも、比較的簡単に電子書籍は販売できるのですが、このシステムの方が遥かに簡単そうです。

注意点として、今調べて分かったことは「カクヨム上で、ダイレクトに販売ページへのリンクを掲載してはいけない」ということ。

プロフィールや近況報告、作品情報などに、販売ページへのダイレクトリンクは張れないということですね。

 

多少疑問点も残っていますが、この辺はやはりやってみないと分からないという感じです。

ただ、サービスの幅が増えるというのは歓迎すべき部分ですよね!

表紙を設定できるということで、絵も書ける人は有利になる可能性もありますね。もちろん、外部(ココナラとか)に発注する手もありますが。