「カクヨムロイヤルティプログラム」が正式スタート! キャンペーンも同時開催

小説LABOカクヨム, 創作者向けニュース

以前からお伝えしてきたカクヨム収益化プログラム「カクヨムロイヤルティプログラム」ですが、本日から正式にスタートしています。

そこで「どこに広告が入るのか?」「広告を非表示にするにはどうするのか?」「現在の収益はどこで見るのか?」を簡単に見ていきましょう。

スポンサーリンク

カクヨムロイヤルティプログラム正式スタート どんな感じで広告が入るのか?

まずは広告がどのように挿入されるのかを見ていきましょう。まずはPC版から(※いずれもブラウザはSafariを使用しています)。

小説を開いたページの右上に1つ広告が表示されていました。小説タイトルや目次が表示されている間ですね。いわゆるカラム広告というヤツ。

更に小説を下にスクロールさせていくと、小説の下部にも2枚表示されています。特にSIXPADは検索下覚えはないんですが、痩せろってことでしょうか?

続いてスマホ表示。こちらは小説の下に1枚。トップにはありませんでした。

もう少し下にスクロールさせると「次のエピソード」の下にもう一枚表示されています。

アプリ版は小説下部に一枚だけの表示でした。

ちなみにアプリ版で広告が表示されるようになるには、アプリのバージョンアップが必要です。「2.2.0」が記事執筆時の最新版となります。

不具合なのか仕様なのか分からないのですが、小説下部に進んだとき「上にスワイプ」で次話が表示されなくなっています。「次のエピソード」をタップすればちゃんと表示されますし、前のエピソードに戻るときはスワイプでも戻るので、広告が表示されるようになったことで仕様が変わっているのかもしれません。

広告を非表示にするには?

勘違いされそうなので最初に書いておきますが、読み手側の設定で広告を非表示にすることはできません。あくまでも投稿者が「表示・非表示」を選べるということです。

広告の設定は小説ごとの設定になります。

どうやら収益化プログラムに登録していなくても、広告自体は表示されるようです。なので「広告表示されたくない」という方は、小説ごとにこの設定を行う必要があるみたい。結構面倒ですよねぇ。要改善ポイントだと思います。

広告の表示設定はカクヨムのトップページから「ワークスペース」へ進みます。小説を選んでから右上にある「歯車アイコン」をクリックします。

小説設定の画面になりますので「オプション」の中にある「広告表示」で表示・非表示を設定できます。「変更を保存」を忘れずに。

現在の収益はどこで見るのか?

これも「ワークスペース」から確認します。左のメニューから「カクヨムリワード」をクリックすると右側に表示されます。

ワークスペースを開いただけでも、下の方で簡易的に表示されるようです。

どちらも現時点ではまだ何も表示されていません。そりゃそうですよね。

まとめ

広告表示については賛否両論あるのは当たり前だと思います。でも以前から書いているように、個人的には素晴らしい取り組みだと思っています。

もちろんカクヨムが言うように「小説で収益を!」というのは、多く人にとって夢物語だと思います。私を含めてほとんどの人が初振り込みを体験できるのは、随分先のことになるのではないでしょうか。と言うか、振込手数料を考えたら年に1度数百円あれば良い方、という感じな気がします。

広告自体は事前のアナウンスのようにそれほど邪魔になる配置にはなっていないので、読む側から考えてもストレスにはならないんじゃないかなぁと思います(ただ個人差があるので、なんとも言えないところです)。

[合わせて読みたいおすすめリンク]