「ノベルアップ+」にて令和元年台風19号被害支援プロジェクト「届け、言葉の力。」が開催中

2019年10月19日小説LABOノベルアッププラス

先週末に日本を襲った台風19号は、関東・中部・東北地方などを中心に多くの被害を出し、たくさんの人命が失われました。現在でもまだ多くの方が悲しみに包まれつつ、被災生活を送らざるを得ない状況になっているのは、地方の一都市に住む人間としては何もできない無力さを痛感させられ、歯がゆく思う次第です。

そんな中、小説投稿サイト「ノベルアップ+」にて「届け、言葉の力。」と題した支援プロジェクトが立ち上がっています。

スポンサーリンク

「ノベルアップ+」台風19号支援プロジェクト「届け、言葉の力。」

©ノベルアップ+、Hobby Japan

最初に簡単にプロジェクトの概要を説明します。

投稿者は該当作品に「届け、言葉の力PJ」というタグを付けて作品を投稿します(リンク先は「ノベルアップ+」内のタグが付いた作品一覧ページ)。

ノベルアップ+には「ノベラポイント」という有料のポイントがあります(後述)。

読者がタグの付いた作品にノベラポイントを付与することで、1ポイント=1円の義援金が日本赤十字社が募る「令和元年台風第19号災害義援金」に全額寄付されます。

作品募集期間は2019年10月18日16:00〜2020年2月29日23:59:59までで、期間中に作品に付与されたポイントは、義援金となるという仕組みです。

ノベルアップ+への登録の仕方とノベラポイントの購入方法

人に紹介する以上、私が率先しないわけにはいきませんのでやってみました。ノベルアップ+については、これまでTEXT FIELDで何度かご紹介してきたのですが、実は会員登録をしていませんでした(特に理由があるわけではなく、ただ単に投稿する小説がなかっただけです)。

というわけで登録から。

ノベルアップ+のトップ画面上部にある「新規登録」ボタンをクリックします。

TwitterやGoogleアカウントでもログインできるようですが、今回は新規登録から行ってみました。

項目の「必須」と書かれた箇所を埋めていきます。

ページ下にある「登録」(だったかな?)をクリックすると登録は完了です。いきなりログインした状態でトップに戻るのですが、メールの認証が必要なようです。メールに次のようなものが届きます。

その下にアドレスが書かれていますので、それをクリックするとメール認証は完了です。

続けてノベラポイントを購入してみます。ノベルアップ+の上部にアカウントが表示されていますので、それをクリックしましょう。

ポップアップ(かな?)が出てきますので「ノベラポイント購入」をクリックします。

購入ポイントを選ぶと、下の方に支払い情報を選択する画面が出てきます。

ノベラポイントの購入にはクレジットカード、もしくはドコモ払い、ソフトバンクまとめて支払いが対応しています。

情報を入れると購入は完了です。下記画面にもありますが、ノベラポイントは180日間という有効期限がありますので、気をつける必要がありますね。今回は少額で申し訳ないのですが、とりあえず500円だけ買わせていただきました。

購入したノベラポイントの使い方

使い方はそれほど難しくないと思っていたのですが、こういうのに慣れていないとちょっと最初だけ混乱しそうです、というか私は混乱しました。

該当作品を読むには「届け、言葉の力。」プロジェクトのページから「プロジェクト参加中の作品を読む」をクリックしましょう。

作品の一覧が表示されますので、気になる小説を読みます。その下に「コメント」と書かれた箇所があります。

ノベラポイントはコメント、もしくはスタンプを投稿することで、それに付与する形で作品に贈ることができるようです。

コメントは文字通りテキスト形式でメッセージを送れます。それはちょっと恥ずかしいなぁという方は、スタンプの方が気楽で良いかもしれませんね。

スタンプ投稿はこんな感じになっています。

上で贈りたいスタンプを選び、下でノベラポイントを+ーして「投稿する」をクリックすると、ノベラポイントを贈ることができるみたい。

ちなみに私はこの記事を書くために、まだポイントを贈っていません。後で色々読ませて頂いた上で、今回購入したポイント、また別途ポイントなどを検討したいと思います。

まとめ

今回のノベルアップ+の施策は、人によっては「いやいや、そんな回りくどいことしないで、直接お金を送れよ」という方もいらっしゃるかもしれません。

今回の私のようにこれをきっかけにノベルアップ+に登録することで「ノベルアップ+が得をしているんじゃないか」とか「作品にタグを付けて小説を投稿することで作者に利益はないけれど読まれる可能性が高くなるという利益はあるじゃないか」とか、もっと言えば「こんな記事を書くことで、お前(しろもじ)にも利益はあるだろう?」と思われるかもしれません。

でも私はそれでいいんだと思います。

街角の募金箱にお金を入れる行為だって、直接赤十字などにお金を送ることだって、何かを買ったらその何%かが寄付に回る仕組みだって、どんな形であれお金はお金です。被災された方にとっては、何の代わりもありません。

小説を書いている人、読むのが好きな人が、このプロジェクトによって1人でも興味をもって募金することができれば、それでいいのではないでしょうか?

また金額の大小もないと思います。上の画像にあるように、ノベラポイントは200円から買うことができます。200円でもいいでしょう。もしくはコンビニとかに設置されている募金箱に数円、数十円でも募金は募金です。

大切なのは一時的な活動ではなく、自分が無理なく続けていけることをやることだと思います。

最後になりましたが、今回の台風で被害にあわれた方が一日でも早く日常を取り戻せるよう、心からお祈り申し上げます。また大切な人を失われた方の気持ちを思うと、言葉になりません。再び歩き出すには時間がかかると思いますが、今はどうぞご自身やご家族のことを第一になさって下さい。

[合わせて読みたいおすすめリンク]