「小説タイトルが思いつかない!」【小説投稿記2018年5月23日】

小説投稿記小説執筆

こんばんは、しろもじです。

以前「小説投稿記の今後について」という記事で書いた「小説の執筆過程を書いていく」というのをやっていきたいと思います。

題材としては、現在書いている途中の小説になります。

今回の小説は、『Replace』以来の「全部書いてから投稿する」という投稿方法になりますので、現時点では未投稿作品になります。

よって、多少のネタバレもありますが、創作者さま向けの記事と考えるのならば、それも問題ないかと思っています。

スポンサーリンク

5月23日時点の執筆状況

どんな小説なのか? というのは前回の記事に書いていますので、参照して下さい。

昨日までで、全32話中23話。

前回の記事では「22話」と書いていましたので、+1話です。

全然進んでいません……。

個人的に、季節の変わり目で体調を崩したり、色々用事が重なったりで、ブログの更新だけで精一杯になっている感じです。

ただ理由はそれだけではなくて……。

小説タイトルが思いつかない!

前回の記事では『Novel Station』という仮タイトルを付けていましたが、これは本当に仮であって、このまま行く予定はありません。

家族編集部』と同じで「小説家になりたい人の物語」なので、何かしらそのあたりのキーワード(Novelとか小説家とか編集部とか)を入れたいと思っているのですが、一向に思いつきません。

 

『Replace』『王立勇者育成専門学校総務課』『家族編集部』までは、さほど苦労した覚えはないのに『管理官と王女様』以降は本当に苦労しています(と言っても、『管理官と王女様』以降は、『王勇』の続編以外ないのですが)。

 

「なんだか、どんどん馬鹿になっているんじゃないか」という不安を感じたり。

すっごくポジティブに考えると「前よりもレベルアップして、要求が高くなっているだけ」とも言えますが……。

 

まぁ「タイトルが思いつかないのと、本文が進んでいないのは関係ないんじゃない?」という身も蓋もない意見もあったりします(笑)。

でも、なんかタイトルが決まらないと気持ちが悪いというか、本文書いてても進みにくい気がするんですよねぇ。

「タイトル決めてから本文書く」というのが、普通なんでしょうか?

「書きながら投稿していく」連載形式だと、そういうことになりますよね。

今回は「書き上げてから投稿する」というやり方なので、幾分猶予があるだけ、後回しにしてしまった結果、ここに来て苦しんでいる感じでしょうか。

 

他の方の投稿小説や、映画、アニメ、一般書籍などを見たりして少しだけ研究してみましたが、

  • 「◯◯の◯◯」
  • 「◯◯と◯◯」
  • 英単語系(複数もあり)
  • あらすじ系
  • 「◯◯が◯◯を◯◯します」
  • 「◯◯の◯◯が◯◯な件」

などなど……。他にもたくさんありますが、基本的なパターンはこんなのが多い感じ。

英単語系と言うのは、稚作で言えば『Replace』みたいな感じや『◯◯ of ◯◯』みたいなヤツですね。個人的には好きなタイトルの付け方です。

 

『管理官と王女様』なんて、完全にこのパターン(上の「◯◯と◯◯」)を当てはめただけですからねぇ。

上手く言えないのですが「これだっ!!」と強く思えるほどのタイトルって大切だと思うんですよね。

そのうち、どこからか降ってくるのかなぁとか思っていますが、23話時点ではまだ兆候すら見えずということです。

今しばらく、頭を捻りながら、とりあえず本文を進めていきたいと思います。

今日は短いですが、このへんで。

[あわせて読みたいおすすめリンク]