Alexaに音声プロフィールが登録可能に!!【追記:できました】

2019年3月6日雑多記事amazon, Amazon Echo

先日iPhoneのAlexa Appがアップデートしてて「何か変わったことがあるのかなぁ?」と久々に触っていると「音声プロフィール」という項目を発見しました。

そう言えば随分前に「Amazon.com(US)の端末では、個人別の声が認識できるようになり、音声ショッピングなどに使えるようになる」と聞いたことがあるような。

まぁ、Echoから買い物をすることはまだないので必要なさそうですが、面白そうなので試してみました。

が……。結果としては登録ができず。

【追記】できました。手順的には以下に書いた通りのやり方で、記事執筆翌日にやってみるとなぜかできてしまいました。原因は不明です。
現時点でAmazonからの返答はないのですが、もしかしたら何らかの修正などがあったのかも?

記事もそれに合わせて修正しています。

スポンサーリンク

音声プロフィールを登録する方法

音声プロフィールへの登録手順は以下の通り。

まずはAlexa Appを立ち上げます。

amazon_alexa

Appの左上にある横三本のアイコンをタップし、メニューを表示させます。そこの「設定」をタップ。

Alexaアプリ

「Alexaアカウント」をタップ。

Alexaアプリ

「音声の識別」をタップ。

Alexaアプリ

「音声プロフィール」をタップします。

alx-030619_4

「ようこそ、◯◯さん!」と画面に表示され、プライバシーポリシーに書かれている規約に同意するよう求められますので「同意」をタップ。

alx-030619_6

下の画面が出てきて、音声プロフィールの登録が始まります。

alx-030619_7

Echo Dotに「アレクサ、音声プロフィールを作成して」と言うと、Alexaが応答し登録の手順を説明してくれます。

手順は聞けば分かりますが、アレクサが言ったことをオウム返しに言うだけです。

10個くらいあったので、数分ほどかかります。

ちなみに、先程の画面の「ヘルプ」には次のように記載されています。

alx-030619_5

ここに書かれているように、Appを使わないで「私の声を認識して」「私の声を覚えて」というと、「ええ、もちろん名前でお呼び出来ますよ。Alexaアプリの設定ページで名前と声を登録して……」「すでに登録してある場合は、名前を訪ねて下さい」と返されます。

そこで改めてEcho Dotに「私の名前は?」と聞くと「誰が話しているのか分かりませんが……」と繰り返しになります。

なので、現状ではAlexa Appからやる方法が確実だと思います。

これで何ができるようになる?

音声プロフィールを登録することでできるようになるのは「本人確認ができるので、音声ショッピングにりようできる」ことと「コール・メッセージを名乗ることなく送信できるようになる」とのこと。

私は2台のEcho Dotを持っていますが、特にコール・メッセージは活用していません(家族に言ったら「メールやメッセージの方が早い」と言われました。個人的には早い遅いの問題ではないと思うのですが)。

なので「そう言えば、コールやメッセージって名乗る必要あったっけ?」という感じです。

音声ショッピングも使っていません。

これはいずれは使うかもしれませんが、ちょっとまだ早い印象です。

ということで、現状では何も変わりません(笑)。

個人的には「登録した音声でのみアレクサが反応する」ようにしてくれると、色々捗りそうなのですが。

現状ではTVや動画などで「アレクサ」というセリフがあると反応するのが面倒なんですよね。

最初はできなかった

この記事を書いたときは、上記の方法でも登録ができませんでした。

困り果てて、Amazonのカスタマーサービスさんに聞いてみました。前にもFire TV Sticlkのリモコンの件で困って聞いたことがあって「その機能はまだ使えない」というオチだったので、今回も同じなのかなと。

カスタマーサービスさんに言われてAppの再インストールなどもやってみたのですが、現状ではどうも行うことが出来ない模様。

ログを提出し、調査してもらうことになりました。

冒頭追記でも書きましたが、依頼をした翌日にはAppからの方法で登録が完了しました。

どういう原因で解決したのかは、分かっていない状況です。

結果が分かり次第(解決方法が分かり次第)、また記事にします。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!