Amazon Prime Videoチャンネルに7月3日より10の有料チャンネルを追加

日々徒然amazon

こんばんは、しろもじです。

2018年6月14日よりスタートした、Amazonの新しい動画視聴サービス「Amazon Prime Videoチャンネル」。

Amazon.co.jp©

Prime会員限定で、月額の有料チャンネルです。詳しくは以下のページをどうぞ。

上記記事内でも書いていますが「数ヶ月以内に更にチャンネルを追加する」とAmazonが言っていた通り、2018年7月3日より更に10の人気有料チャンネルを追加すると発表しています。

7月3日より追加されるPrime Videoチャンネル一覧

7月3日より視聴可能になるチャンネルと料金の一覧は以下の通りです。

※料金は開始時点の金額で、全て月額、税込。

アニメ

「dアニメストアfor Prime Video」432円

「スカパー!アニメセットfor Prime Video」756円

キッズ

「キッズステーション・オンデマンド」214円

「ニコロデオン」432円

映画%TV番組

「KBS ワールド プラス」1,620円

ホビー&カルチャー

「京都ch」350円

「寄席チャンネル 落語・お笑いSELECT」540円

ミュージック

「MTV MIX」324円

スポーツ

「Gaora Bros.」540円

そのたジャンル

「Kawaiian TV」540円

 

以上10チャンネルになります。

Amazon Prime Videoチャンネルのページには、まだ予告としてしか掲載がないため詳細は分かりませんが、徐々にチャンネルが充実していっている気がしますね。

 

個人的には、まだ「これは良いかも!」というチャンネルはありませんが、今回の目玉は「dアニメストア」かもしれません。

dアニメストアはdocomoが提供しているサービスのひとつで、アニメ作品の動画配信を行っているものです。

docomoにしては珍しく(と言っては失礼かもしれませんが)良いサービスで、豊富なアニメ作品を視聴することができます。

Prime Videoチャンネルで、本家と同じ作品数が視聴できるのか、掲載タイミングお同じなのか、という部分もまだ不透明ですが、料金的に本家と同じ設定になっているので、恐らくそうではないかと思われます。

もしそうなら、docomoとしてはプラットフォーマーであるAmazonに、いくらかの利用料を渡しても裾野を広げたいと思っているわけで、なかなか興味深いこと、と言えるでしょうね。

 

そもそもdアニメストア自体がプラットフォーマーと言っても良いわけですから、プラットフォーマーがより広範囲なプラットフォーマーに乗っかる、という仕組みもなかなか面白い展開です(既に、同じ事例はありますけどね)。

Prime Videoチャンネルが、他の動画配信サービスをどこまで取り込めるのか、という点も、今後の期待するところとなりそうです。

また、同様のジャンルの「スカパー!アニメセット」との競争も、ユーザーにとっては悩ましくもあり、嬉しいところかもしれませんね。