「本は耳で聴く」Audibleが「オンデマンド制」から「コイン制」に移行

雑多記事amazon, Audible, writone

こんばんは、しろもじです。

以前にも当サイトでご紹介した、聴く小説「Audible(オーディブル)」。

サービス開始以来、Audibleは月額1,500円で聴き放題というサービスを取ってきましたが、それ故に「ちょっとハードルが高いな」というものでした(一応、30日間無料体験はありましたが)。

そのAudibleが、本日より「コイン制」を導入し、非会員であっても利用できるようになっています。

8月28日より導入のコイン制とは?

まず、整理しておきましょう。

月額1,500円の会員制度は、8月28日からも継続されます。

その上で以下のように変更となります。

【旧制度】〜2018年8月27日

月額1,500円の会員のみが、対象タイトルを聴き放題。

あくまでもタイトル視聴の権利があるだけなので、退会すると視聴は不可能。

【新コイン制】2018年8月28日〜

毎月1つ付与されるコインで、好きなタイトルを購入。

購入したタイトルは、退会後でも視聴可能。

付与されたコインを使い切っても、会員であれば追加でタイトルを非会員の30%OFFで購入可能。

コインで取得したタイトルは、視聴後でも交換可能。

「Audible Station」という会員限定の聴き放題コンテンツも。

 

という具合に、コイン制は会員にのみ当てはまる制度のようです。

一見「あれ? 聴き放題じゃなくなって改悪じゃないか?」と思ったのですが「交換可能」「退会後も聴ける」ということを考えると、そうとも言い切れません。

読み放題のKindle Unlimitedや、音楽聞き放題のAmazon Music Unlimitedが、退会すると閲覧や視聴ができなくなることを考えると、ある意味良心的になっているとも言えそうです。

 

ちなみにコインを使わなかった場合には、繰越も可能とのことですが「付与から6ヶ月で消失する」とのことです。

非会員の場合は?

では、非会員ではどうなのか?

以前では、Audibleは会員にならないと視聴することができませんでした。

今回の改定により、非会員であってもコンテンツを購入することは可能となりました。

ただ、朗読というサービスの付加により、価格はやや高めになっています。

例えば、新海誠さんの『君の名は。』は、Amazonで見ると3,000円になっています(8月28日現在)。

書籍版の約5倍という価格をどう見るのかは、購入者次第……と言えるのかもしれません。

「毎月1本は聴く」という方なら、確実に1500円の会員になったほうが得ですね。

逆に2ヶ月に1本以下、という方なら、買い切った方がよさそうです。

ラインナップはかなり充実している

英語のほか38ヶ国語のAudibleコンテンツ20万タイトル以上が新たに追加され、ジャンル、カテゴリー共に日本最大級のサービスとなります。これまでのKADOKAWA、文藝春秋、講談社といった出版社に加え、移行後は新しく小学館、早川書房、幻冬舎を加えた出版社の作品もお楽しみいただけるようになります。

Amazonプレスリリースより

とあるように、コンテンツラインナップはかなり充実してきています。

流石に20万タイトルというのは、海外コンテンツを含めての数字なのですが、それでもかなりたくさんの小説が音声化されているようです。

夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦著

 

コンビニ人間』村田沙耶香著

 

空飛ぶタイヤ』池井戸潤著

 

校閲ガール トルネード』宮木あや子著

 

知らないと恥をかく世界の大問題8: 自国ファーストの行き着く先』池上彰著

 

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?(上)』井中だちま著

 

一般文芸からライトノベル、実用書まで一通り揃っているという感じです。

当然、まだ「全ての小説がAudible化されている」というわけではありませんが、まぁ当分飽きないほどにはありそうです。

それに、まだ追加されるでしょうしね。

余談:音声小説の今後

「聴く小説」というのは、どのような方がターゲット層なんでしょうか?

私も家で座って聴いてみたんですけど「じっと座って聴く」というのは、ちょっと微妙かな……と思いました。

読んだ方が早いんですよね(笑)。

となると、何かしながら……となるのでしょうか。

車やバイク、自転車……というのは、ちょっと危ない気もします。

徒歩になるんでしょうかねぇ。

電車なんかで通勤、通学されている方なら、ちょうどいいかもしれませんね。

後は、Audibleのページの写真にあるように、運動しながら、みたいな使い方かな?

 

いずれにしても、Amazon傘下のAudibleが力を入れてきていることによって、この分野は今後伸びていく可能性があるのでしょうね。

裏を返せば「書籍が売れにくくなった出版社が、次の稼ぎ手として力を入れてきている」という見方もできるかもしれませんね。

 

個人で言えば、着々と進んでいる「Writone(ライトーン)」なども注目してみるといいかもしれません。

これって、この前やっと気づいたことがあるんですよ。

作家の登録の段階で「小説家になろう」か「カクヨム」でのIDを登録するじゃないですか。

以前の記事で登録の様子を見ることができます。

 

で、私バカなので「小説をアップできるように、なかなかならないなー」って思ってたんですけど、WritoneさんのTwitterなんかを見てると「声優さん向けアプリが完成」とか「声優さん向けアプリがバージョンアップ」とかばかりあって「あれれ? 作家さん向けはどうした?」と思っていたんです。

でも、よくよく考えると、登録した時点で「小説化になろう、もしくは、カクヨムにある小説が自動で登録されている」ということなんですよね(?)。

 

「それは音声化しないでぇぇぇぇぇっ!!」っていう小説もあると思うんですけど(笑)。

まぁ、そういうのは、声優さんからも「No Thankyou」だと思うので、良いと言えば良いんですけど……。

ちょっとだけ、冷や汗をかきました(笑)。