docomoを語り「端末が不正利用された」と偽サイトに誘導したり不正アプリのインストールを促す詐欺が急増中【注意喚起】

雑多記事docomo, 注意喚起

docomo関連(Amazon、ソフトバンクなども)の詐欺メールは後を絶たないわけですが、最近では更に巧妙化しており、docomoがウェブサイトで注意喚起を行っています。

スポンサーリンク

「docomoを語った迷惑メール」の実例をdocomoが公開中

docomo041719
ドコモお知らせページより

docomoのウェブサイトでは「docomoを語った迷惑メールの実例」としていくつかのパターンが取り上げられています。

上記ページで取り上げられている詐欺メールのパターンには、次のようなものがあります(記事執筆時)。

  • 「お客様の単丸が不正利用された」との緊急連絡を装ったパターン
  • ドコモから「新元号に伴う料金改正のお知らせ」との連絡を装ったパターン
  • ドコモから「dアカウントのパスワード初期化」との連絡を装ったパターン
  • ドコモから「Apple IDが不正に利用された」との連絡を装ったパターン
  • ドコモから緊急のご連絡を装ったパターン
  • ご利用金額お知らせメールを装ったパターン
  • メール本文と件名に「ドコモ」と書かれているパターン

以前に偽ログインページについては記事にしていましたね。

当サイトでも今まで注意喚起としていくつか事例と対策を取り上げてきましたが、今一度このような詐欺に引っかからないための対策を書いておきます。

詐欺メールに引っかからないために

フィッシング詐欺などに引っかからないポイントは以下の通りです。

送られてきたメールSMSなどのURLはクリックしない

原則としてメールやSMS(ショートメールサービス)などで送られてきた本文などに記載されているアドレスはクリックしないことが大切です。

もしどうしてもアクセスが必要な場合にはURLを必ず確認するようにしましょう。

ただし上記リンク先にも記載していますが、詐欺であってもURLの中に「docomo」などの文字列がある場合もありますので、よほど確信が持てない限りはやはりクリックしない方が賢明です。

「緊急」は「ほぼ詐欺」と思おう

詐欺は「緊急」「今日中」に対処しないと「法的手段に訴える」と、あなたを焦らせてきます。

「緊急」の文言があった場合、十中八九詐欺だと思いましょう。

普通の企業であれば「今日中に入金がない場合、裁判にします」などとは言いません。

また、上にあるように「不正アクセス」などを盾に迫ってくる場合も「急がなきゃ」と焦ってしまいますが、これも一旦落ち着きましょう。

脊髄反射的にメールに記載されたアドレスをクリックするのではなく、正規の方法で(ドコモショップ、公式サイトのお客様相談室などで)必ず確認してからでも遅くはありません。

ドコモの場合ですと、ドコモ携帯からであれば「151」、一般携帯電話からであれば「0120-800-000」が総合インフォメーションセンターになります。

公式ロゴマーク、ログインページは信用しない

メールなどにドコモの公式ロゴが記載されていることもあります。

これは「ドコモからの正式なものの証明」にはなりません。

ドコモのウェブサイトから誰でも簡単にダウンロードすることが可能だからです。

またログインページなども簡単に偽装することが可能です。

「前に見たログインページと同じだから」というのは、大変危険な行為です。

先程も書きましたが、メール・SMSの本文に書かれたアドレスからアクセスするのではなく、違うルートからログインするようにしましょう。

ドコモのスマホであれば「dアカウント」のAppを入れておけば、常に正しいアカウントでのログインが可能になりますし、そうでなくてもGoogleなどで検索して公式のサイトから入るようにするといいですね。

どうしても分からない場合、不安な場合、万が一アクセスした場合には、早急に公的機関などに相談

「でも自分では判断できない」ということもあるかもしれません。

その場合は家族、信頼できる友人などに相談しましょう。

消費者センターなどに問い合わせるのも有効な手段です。

万が一、偽サイトにログインしたり、コンタクトを取ってしまった場合には、該当企業(ドコモ、AU、ソフトバンク、Amazonなど)に相談してみましょう。

しかし基本的には「メールやSMSからは応対しない」が原則です。

「ログインさせようとしたり」「コンタクトを取ろうとしたり」は、ほぼ詐欺だと思うくらいでOKです。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]