iPhone XRが一括25,920円に!【docomo】

雑多記事iPhone, docomo, Apple

iPhone XSとほとんど変わらぬ性能で、お値段もほとんど変わらないという微妙なポジションだった「iPhone XR」。

先週くらいから「値下げされるのでは?」とネットで噂されていましたが、今日からdocomoで一括25,920円というプライスタグが付いています。

docomo shopウェブサイトより

スポンサーリンク

ただし条件がある

元々10万近い値段だったXRですから、そこまでの割引になるのにはいくつかの条件があります。

まず「新規購入ナンバーポータビリティであること」です。

つまり「機種変更」は対象外となります。

ちなみに機種変では

docomo shopウェブサイトより

となっており、表記的にややこしくなっていますが、実質「39,528円」となります。

 

2番めの条件が「1年縛り」です。

端末購入サポートの条件が「12ヶ月の使用」となっていますので、1年以内に解約すると違約金が発生します。

と言っても、1年くらいは使うとは思いますが。

 

最後に「オンラインで買うこと」が挙げられます。

これは上の画像にもあるように「オンラインショップ限定」で5,184円の値引きが加わっているからです。

docomo shopで買う場合は、これがなくなり別途事務手数料が発生する……のかな?

 

ちなみに分割(24回)ではこうなります。

docomo shopウェブサイトより

機種代金が24分割になっただけなので、最終的には一括と変わらない金額ですね。

 

ちなみにこれらはストレージ64GBモデルになります。

128GB、256GBモデルは、少し高くなり32,400円、44,604円となっています。

iPhone X(64GB)が一括、ナンバーポータビリティ(新規)で15,552円ですから、性能向上分などを考えるとXRの方がお得ですね。

 

と言うか……。

ちょっと早すぎじゃないでしょうか?

確かにホリデーシーズンにしっかり売っておかないといけない事情は分かりますし、早急に手を打つ姿勢も理解できますが、そうは言っても既に買ってしまった人にとっては「悲報」でしかないですよね。

更にこのような施策を行うと、今後「どうせ値下がりするんだろう」という買い控えにも繋がりかねない気がします。

 

そもそも論になりますが、XSはまだしも、XRの立ち位置は冒頭でも書いたように、始めから微妙だったと思います。

フラッグシップモデルは10万円超くらいでも仕方がないのかもしれませんが、その下のモデルはある程度機能を省いても価格を元から抑えるべきだったのかもしれません。

元々iPhoneは「単一モデル」から始まって、そのうち「Plusという拡大版」が誕生し、Xからラインナップが煩雑になってきた気がします(X、8、8+)。

今回は更にそれが複雑になり「XS MAX」「XS」「XR」に加え旧機種の「8」「8 Plus」「7」「7 Plus」などが残っており、良く言えば「ラインナップが充実している」ですが、はっきり言えば「ごちゃごちゃで分かりにくい」ものになっています(しかも、ショップにはXまであるし)。

 

スティーブ・ジョブズが復帰した際に、ぐちゃぐちゃだったMacのラインナップを整理したように、もっと分かりやすく整理するべきではないかと思うんですけどねぇ。

例えば「普及モデル(廉価版)とプロモデル(フラッグシップ)」「それぞれの画面の大小(ノーマルとPlus)」のように4種類くらいにすれば、スッキリしますし分かりやすいかと。

 

でもまぁ、しょうがないんでしょうねぇ。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!