千葉銀行を語るフィッシングメールが届いた

雑多記事注意喚起,詐欺メール

当サイトではいくつかのフィッシング系メールを使った詐欺の注意喚起を記事化しております。

先日も住信SBIネット銀行を語る詐欺メールが届きましたが、今回「千葉銀行」を語るものがやってきましたので情報共有の目的で公開したいと思います。

スポンサーリンク

千葉銀行を語る詐欺メール

メール本文は以下の通り。

ロゴは千葉銀行のものをそのまま流用しているようです。

何度も書いていますが、ロゴが正式なものと同じだからと言ってそれが信用の証にはなりませんよね。コピペすればいいだけですし。

今回も文章がやや変なのと、そもそも私が千葉銀行に縁がない人間だったので見た瞬間「あ、詐欺だ」と気づきましたが、実際に口座をお持ちの方であれば一瞬焦ってしまうのかも。

これも以前書きましたが、メールにあるリンクはクリック(もしくはタップ)しないで別途確認する癖をつけるようにしたいところです。

今回のメールにある「千葉銀行ログイン」のリンク先は

明らかに本物の千葉銀行のURLとは異なるものです。

フィッシング詐欺にひっかからないために

これらのフィッシング詐欺と呼ばれるものは手当り次第にメールを送信して、利用者が焦ってアクセスすることでログインIDやパスワードなどを抜き取るのが目的です。

なので基本的には「相手にしない」のが正解になります。

確かに正式なサービス経由で警告メールを送ってくるものも無きにしもあらずなのですが、それでもメールに記載されているURL(リンク)を踏むのは危険です。

ご自身のブックマーク、もしくはGoogle検索などから確実に本物だと分かるサイトからログインするようにしましょう。

また問い合わせ窓口がある場合には、そちらに連絡してみるのも安全な対応と言えるかもしれませんね。

くれぐれも焦って引っかからないように注意しましょう。

[合わせて読みたいおすすめリンク]