Simple GA Rankingの設置で困ったときに「認証でエラー」「表示されない」「カスタマイズ」などのまとめ

小説家のためのブログ運営Google Analytics

こんばんは、しろもじです。

TEXT FIELDでは、右のサイドバーに「1週間の記事ベスト10」というランキングを載せております。

これは「WordPress Popular Posts」というプラグインを使っているのですが、このプラグイン、導入は簡単なものの、サーバ的には重いと評判です。

そこで、今回から「Simple GA Ranking」というプラグインを導入することにしました。

このプラグインの導入方法については、Googleさんに聞けば山のように解説サイトが出てきます。

このサイトさんの記事なんかがおすすめですね。

ところが、私の場合、うっかりミスで「Google Analyticsとの連携」の部分で失敗してしまいました。

具体的にはAPIライブラリから、間違ったものを選んでしまったため、トークンは発行されるものの、サイトとの連携でエラーが出てしまうというミスです。

この場合、再度やり直しとなるのですが、その辺りを解説しているサイトがなかったので(多分、需要がない)備忘録的に書いておきます。

他にも「表示されない」「カスタマイズ」などの方法もまとめておきます。

Simple GA RankingとGoogle Analyticsとの連携をやり直す方法

まず、WordPressにログインし、ダッシュボードを表示させます。

サイドバーの「設定」から「Analytics設定」を選びます。

 

設定画面で「Google API Console」と書かれたリンク部分をくりっくするのですが……。

 

他の解説サイトにもかいてあるように、今の画面が必要になるので「リンクを新しいタブ(もしくはウィンドウ)で開く」を選択肢ましょう。

 

Google APIの画面になったら、左上のハンバーガーメニューから入ります。

 

カーソルを重ねると、メニューが出てきますので「APIとサービス」から「ダッシュボード」へ。

 

ダッシュボードの「APIとサービスの有効化」をクリック。

 

ここまでくれば、他の解説サイト通りなのですが、私がミスった箇所などの解説もしておきます。

検索まどに「Analytics」と入れますが……。

 

ここです。ここで私がミスりました(笑)。

アイコンだけ見ると左のっぽいんですけど、これではダメみたいです。

「Analytics API」と書かれた方をクリックしましょう。

 

「有効にする」をクリック。

 

「認証情報を作成」をクリック。

 

ここで「クライアントID」の部分をクリックです。

 

「同意画面を設定」をクリック。

はい。ここまで来れば大丈夫でしょう。

後は、他の解説サイトに書かれているとおりにやっていけば、OKですね。

 

画像4枚目の「プロジェクト」のところで、要らないものがある場合は消しておく方が良いかもしれません。

私は間違って、何個か作ってしまったので、削除しておきました(笑)。

 

後は、Analyticsとの連携のところで、Googleアカウントを選ぶ箇所では、Google Analyticsのアカウントを間違えないようにすることくらいでしょうか?

複数のGoogleアカウントをお持ちの方は、お気をつけ下さい。

というわけで、無事設置が完了したわけですが……。

Simple GA Rankingの中身が表示されない!

ウィジェットでサイドバーに置いてみたものの、どういうわけか中身が表示されません。

 

「あー、なるほど。きっとデータの取得の関係で、明日になれば表示されるってわけね」と思っていたのですが、翌日でも表示は変わらず。

検索してみると「設置すると表示されます」と書かれているサイトが多く、やはりおかしい模様。

これはやはり、上の認証がおかしいのか……と調べてみましたが、それも合っている。

原因が分からず困り果てて、なんとなくウィジェットを削除、再設置してみると……

 

なぜか、出てきた!

ちょっと原因が分からないんですけど、もし同じ症状の方がいらっしゃいましたら、一度お試し下さい。

 

しかし、Simple GA Rnakingは、デフォルトだとややあっさりめ。

コテコテにする必要はないのですが、もう少し整えたいところです。

ネットでもう一度調べてみると、先程設置を解説して下さっていた「MORIAWASE」さんのサイトに、カスタマイズ方法も載っていました!

ここに書かれていた方法を、丸ごとコピペささせて頂きました。ありがとうございます!

基本的には「style.css」と「functions.css」このふたつの記述を付け加えるだけです。

 

一応「よく分からない」という方のために追加解説しておきますと「ダッシュボード」から「Luxeritas」>「子テーマの編集」へと進み「style.css」と「functions.css」のふたつのタブの中に表示されているコードの「最後」に、それぞれを追加します。

追加する場合は、特に「function.css」の方はお気をつけ下さい。

間違ってしまうと、WordPress自体が表示されなくなり、ログインすらできなくなる可能性があります。

 

私の場合は「style.css」はそのまま、「functions.css」は「AMPに対応させる」というものをコピペさせて頂きました。

上記サイトでは画像サイズの設定なども書かれていますが、これは「functions.css」のサムネイルサイズだけを、一応自分のサイトのサムネイルサイズに合わせておいただけにしています。

こんな感じ。おぉー!

 

以前の「WordPress Popular Posts」は「同じ記事を何度もクリックすると、順位が上がる」という仕様でしたが、こちらはGoogle Analyticsのデータを拾ってきているので若干順位が変わっています。

 

というわけでSimple GA Rankingの設置のトラブルシューティングでした。

まぁ、普通はこんなに困ることはない……はずなのですが(笑)。