Google Analyticsを使って、読まれているページを見つける方法 [Google Analytics講座第3回]

小説家のためのブログ運営WordPress, Google Analytics

こんばんは、しろもじです。

 

Google Analytics(グーグル アナリティクス、以下GA)の導入は上手くいきましたか?

もし、まだの方は上記の記事を見て、導入してみてくださいね。

GAは無料で、ウェブサイトのアクセス分析ができるツールです。

つい、アクセス数だけ見て一喜一憂してしまいがちですが、本来はページの品質を上げるためのツールでもあります。

品質を上げる=読んで頂けた方にもっと満足してもらう

ということですから、まずはどのページが良く読まれているのか? それが満足してもらっているのか? を知ることが大切ですよね。

 

今日はその辺を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Google Analyticsを使って、読まれているページを探す

まずはGAにアクセスしましょう。

該当のウェブサイトに入りましょう。

やり方が分からなくなったら、上のリンク先ページを参照して下さいね。

 

右のサイドバーから「行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ」を選びましょう。

 

次のような画面になったかと思います。

 

右上にある日付が表示されている所から、適応期間の設定ができますので日付を設定します。

日付の設定は、カレンダーから直接「始まりの日(左欄)」「終わりの日(右欄)」でも設定できますし「カスタム」をクリックして、写真のようにあらかじめ設定されたものから選ぶこともできます。

今回は「過去7日間」を選んでおきます。

 

「適応」ボタンを押すと、適応期間の集計が表示されます。

これで、ページビューが多い順にページが並びました。

ただし、これだとURLの形式になっているので、一体なんのページか分かりにくいですね。

そこで、グラフと集計の真ん中にあるところから「ページタイトル」をクリックしてみましょう。

 

すると、URLがページタイトルごとに変わりました。

これで、読まれているページの一覧と、ページビュー数が分かるようになりました。

 

ちなみに、開いた時は表示が10位までしかされていないと思います。

これでは少し不便ですので、一覧の下にある「表示する桁数」を適当なものに変えておきましょう。

100にすると、100位まで表示されるようになります。

 

Google Analyticsを使って、読まれているページを分析する

さて、これで読まれているページが1位から順番に分かるようになりました。

 

「で?」ってことですよね(笑)。

これだけだと「どうすりゃいいの?」ってことになります。

 

分析する方法は色々あるのですが、今回は「ページビュー」と「直帰率」をベースに考えてみましょう。

直帰率のお話は前回しましたね。

「忘れちゃった、テヘペロ」という方は、上記ページを見て復習してみて下さいね。

 

今回は「グーグル検索から、あるページに訪れた方が、そのページだけ見て帰っちゃった(=直帰)割合が高いページ」を探すことにします。

前にもお話しましたが、直帰率が高いことは悪いことだとは言い切れません。

  • サイトを開設したばかりで、コンテンツ(ページ)が少ない
  • サイト内に、そのページの関連ページがない(少ない)
  • 解説型のページで、ほぼ全ての情報がそのページに詰まっている

上のような場合には、直帰率は高めになります。

言い換えれば「他のページも見たいけど、これしかなさそうだ」「そのページだけ見たら、全て理解できた」場合ですね。

この場合は、直帰率が高くても仕方ないと言えます。

 

しかし、例えば「Aという情報のページで、この情報を見た方はBやCという情報にも興味があるはず。ウェブサイトにはそのページがある」というのに、Aページの直帰率が高い場合は「ページのクオリティが低い(見たけど、有益な情報はなかった)」のか「他の情報も知りたいけど、どこにあるのか分からなかった」可能性があります。

 

そこで、直帰率が高い順番に入れ替えてみましょう。

直帰率が高い順にするには、集計表の「直帰率」をクリックします。

 

そうすると、今度は直帰率の高い順に集計表が並び替えられます。

しかし、これだと直帰率しか考慮していないので「あまり読まれていないページ」も上位にきてしまいます。

そこで「ページビューを加味しつつ、直帰率の高い順に並べ直す」ことを行います。

 

その方法は、集計表の上の「並べ替えの種類」を変更します。

始めは「デフォルト」になっていますので、これを「加重」にします。

 

すると「ページビューを加味しつつ、直帰率の高い順に並べ直した一覧」が表示されます。

 

GAの規約で、詳しい数字は公表できないのですが、直帰率が高くページビューも高めの順番になっています。

つまり、この上の方にあるページは「見る人が多いけど、すぐ帰っちゃった」ってことになりますね。

 

ここから先はウェブサイト作りの考え方次第ですが「できれば、他のページも見て欲しいなぁ」という場合は、改善の余地があると言えるでしょうね。

 

具体的にどのように改善するのかと言えば、色々な方法がありすぎるので、また今度詳しく解説していきたいと思いますが、簡単にこんな感じじゃないかなぁというのだけ書いておきます。

 

「既に関連ページがある場合は、ページ内にリンクを張る」

このページにも2箇所、他のページへのリンクが張られていますよね。

これはあくまでも「参考にしてね」というリンクになります。

なので、ページの途中に入っていまして、気になる方だけがそちらに行って確認してくる、という感じですね。

 

一方で、このページとは別に「関連性のあるページ」というのもあると思います。

記事の内容を補足するものではないけど、関連性のあるページ。

それらは記事の最後に置かれることが多かったりします。

また、テーマによっては「関連ページ」などとして、勝手に挿入されることもありますね。

 

「敢えてページを小分けにする」

ある情報を1ページにまとめるのではなく、2ページ目、3ページ目と細かく分けていく方法ですね。

こうすることで、ページビューが増えますし、直帰率も少なくなります。

ただ、一方でユーザーフレンドリーかと言えば微妙かもしれません。

かつては「1ページの情報量(データ量)を減らして読み込みを早くする」という利便性もあったのですが、今の時代の回線速度では、むしろ「何度もクリックしないと最後まで読めない」という面倒臭さが出てしまうかもしれません。

 

ですので、私はめったにやりません。

確かに「あまりにも情報が多すぎるページ」というのは、読みにくいので、適度には分けますけどね。

 

他にも色々方法はあると思います。

でも、気をつけておいて欲しいのは「何がなんでも直帰率を減らそう」とするのは間違いです。

例えば、このページに「Amazon Echo」や「投稿記」のページへのリンクが突然張られていたら、それは不自然ですよね(笑)。

関連性があれば、いいのですが(例えば、上にはリンクを付けていませんが「投稿記」っていうのを突然書いて「なんだそれ?」と思われないようにリンクを張るとか)、そうでない場合は、止めておくべきです。

 

また、いくら関連性があるからと言って、あちこちにリンクを張り過ぎると、これまた読みにくいページになってしまいます。

「◯◯という情報が知りたくて、ページを開いたのに、あっちこっちクリックしているうちに、わけの分からないページに来た」って経験ありませんか?

あれは、たいして関連性のないページなのに「釣りタイトル」をつけたページへのリンクを張りまくって、興味を煽るという、あまり褒められた作りではない方法です。

 

こういうことをすると、結局「なんかよく分からない」ということになり、一時的にページビューは上がり、直帰率は下がりますが、結果として再訪問は減ります。

 

あくまでも「見てくれている方が分かりやすい」サイト作りを目指しましょうね。

 

まとめ

今日はGAを使って「読まれているページの見つけ方」と「直帰率の高いページの見つけ方」を解説させていただきました。

 

ウェブサイト(ブログ)を開設したばかりの時は、これらはあまり気にすることはありません。

100記事くらい書き溜めると、そろそろ見ておいた方がいいというくらいです。

 

何度も繰り返しますが、ページビュー、直帰率至上主義ではなく、それらを使って「見に来てくれた人が困ってないかな? 満足してくれているかな?」というのを知り、ウェブサイトの改善のために使いましょうね。

 

今日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます!

それでは、今日はこのへんで。また、あした〜!