Apple Pencil2の充電はどのくらいの時間で行えるのか? 実測してみた

2019年4月15日雑多記事Apple, iPad

現行iPad11インチ、12.9インチから採用されたApple Pencil2(第二世代という言い方もしますが、この記事では2と呼びます)。

購入してからあまり意識しないで使っていたのですが、ふと「充電ってどのくらい時間がかかるんだろう?」と疑問に思いました。

そこで、実測で図ってみました。

ちなみにApple Pencil2のファーストインプレッションの記事はこちらになります。

スポンサーリンク

Apple Pencil2の充電時間を実測

まずApple Pencil2の充電をできるだけ減らします。これが結構大変でした。

ap041519_1

とりあえず5%にしてみました。ここから充電を開始します。

約5分充電したところ。

ap041519_2

5分で5%→32%へと27%充電が行えました。

更に5分追加で充電。

ap041519_3

今度は5分で32%→56%と24%上昇。

多少の誤差はありますが、約5分で25%程度の充電が行えるようです。

更に5分。

ap041519_4

この辺りから充電ペースが落ちてきました。

5分で56%→62%と6%のアップ。

そろそろ5分ではラチがあかないと思って、ここで10分間充電してみます。

ap041519_5

すると一気に93%まで上昇しました。

ap041519_6

10分で62%→93%なので、5分に換算すると約15%程度。

そこから更に10分間充電すると98%に。

ap041519_7

この辺りはトリクル充電が働いているのか、伸びが少ない模様です。

すこしまとめてみましょう。

バッテリー上昇充電時間1分辺りの充電%の伸び
5% → 32%5分5.4%
32% → 56%5分4.8%
56% → 62%5分1.2%
62% → 93%10分3.1%
93% → 98%10分0.5%

「56%→62%」の数値が若干おかしいですが、おおよそ「5%/分」で充電でき、トリクル充電に変わる80%以降は充電が落ちるという感じなのかもしれませんね。

大体「30分充電すると90%くらいまで上昇する」ということが分かりました。

また、急なバッテリー切れの場合でも5分程度充電すれば30%くらいまで上昇するので、例えばお絵かき中に充電が切れそうになった場合でも、ちょっと休憩を挟めば十分回復すると言えそうです。

Apple Pencil2を使うと、どのくらいのペースで充電が減るのか?

98%まで充電したところで、今度は「どのくらいのスピードで充電が減っていくのか?」を見てみたいと思います。

検証として「Apple Pencil2を使って30分間Goodnote5にてメモを書き、その後ProCreateで30分間絵を描く」という計1時間の使用をしてみました。

結果としては98%から95%へと3%減少しました。

ap041519_8

ちなみにペンシルを使うと言っても常時書き続けているわけではなく「書籍を見ながらGoodnote5にメモを取る」というように、通常の使用を想定した使い方をしています。

なので、ずっと描き続ける場合であれば、もしかするともう少し早くバッテリーが減っていく可能性はあります。

Apple Pencil2を使う上で気をつけたいこと

Apple Pencil2になってiPad Proにくっつけられるようになりました。

とても便利になったのですが、一方で「これって付けっぱなしでもいいの?」という疑問が湧いてきます。

iPhoneをQiなどの無線充電器に置きっぱなしにするのは、バッテリー的によくないのか?」の記事でも書きましたが「さほど気にはしないでいいが、長期の満充電は避けたほうが良さそう」というのがリチウムイオンバッテリに対する私見です。

よって頻繁に使う場合でしたらくっつけっぱなしでもOK。しばらく使わないのであれば外しておく。

このような感じでよいのでは、と思います。

ただ、ひとつ気をつけたいのは「充電0もよくない」ということです。

使わないからと言って、長期間放置しているとApple Pencil2の充電が0になってしまう恐れがあります。

Apple Pencil2は待機状態になるとiPad Proとの接続が切れますが、そうでない場合は常にBluetoothで接続されているので、そこそこ充電を使います。

この待機状態というのは「Apple Pencil2を静止させておくこと」のようで、例えば机の上に一定時間放置している状態でiPadを開くとApple Pencil2が認識されていないのが分かると思います。

この状態でApple Pencil2を動かすと途端に認識されるので「カバンの中に一緒に放り込んでいく」という使い方だと常にBluetooth接続された状態になり、電力の消費がやや増えることになります。

なので、滅多に使わないという方でも、時々はiPadにくっつけて充電を行った方が良いと思います。

【追記】上記95%の状態から、丸一日使わず充電せずで置いてみました。

ap041719

ペンシルは「使わないがときどき動かす」という感じで放置したところ、83%まで充電が下がっていました。

どうやらペアリングを維持するのに、ある程度の電力を消費しているようですね。

今回の記事はあくまでも目安になります。

Apple Pencil2のバッテリーのヘタリなども加味されてくるので、あくまでも「そのくらいなんだ」程度に思っておいてくださいね。

ちなみに「Apple Pencil2(第2世代)を初めて使ってみてのレビュー」の記事が2018年11月25日のものなので、私のApple Pencil2は約半年程度使用していることになります。

それらを加味しても言えるのは「毎日使うのであれば、充電はさほど気にしなくてもいい」ということでしょう。

朝から晩までゴリゴリ使う方でも「ちょっと休憩」の間に充電は完了しますからね。

ただ本格的に職業として使う方であれば、本当は2本あった方が良いようにも思えます。

でもApple Pencil2って単体で充電できないし、複数のペンシルを同時にペアリングもできないんですよね。

この辺りはぜひAppleにどうにかして欲しいところです。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]