7からXSに乗り換えて、1週間経過したセカンドインプレッション【iPhone XS】

2018年10月8日日々徒然iPhone, Apple

こんばんは、しろもじです。

9月29日にiPhone7からiPhone XSに乗り換えたという記事を書きました。

その記事を書いたときはXSが来たばかりということもあって、正真正銘のファーストインプレッションになっていました。

あれから1週間が過ぎ、色々新しく気づいたこともありますし、前に書いたこととは違う感想も持つようになりました。

そこで、今回は「7からXSに乗り換えて、1週間経過したセカンドインプレッション」を書きたいと思います。

もう乗り換えちゃったよ、という方には無用の記事になりますが「7使っているんだけど、実際XSはどうなんだろう?」と思っていらっしゃる方のご参考になれば(もしくは背中をドンと押せれば)よいかな、と思います。

スポンサーリンク

前回の振り返り

前回記事で指摘したことを簡単に振り返ってみます。

前回記事では

  • 7と比べて大きくはなっているが、それほどでもない?
  • カメラの出っ張りが気になる
  • 「Super Retinaディスプレイ」はそれほどでもない?
  • 「Face ID」は便利なんじゃない?

ということを書いておりました。

概ね高評価だったのは、買った直後の補正が効いていたところもあると思います(笑)。

今回は少し厳し目にインプレッションしてみたいと思います。

「7からXSに変えて」重くなった!

前回の記事では大きさだけに焦点を当てていました。

実際筐体サイズで言えば「高さ+5.3mm 幅+3.8mm 厚さ+0.6mm」となり、そこまで「でかくなったなぁ」という感じはしないんですよね。

問題は重量でした。

 

7の138gに対し、XSでは177gと+39gの重量増。

……と聞くと「39gなんて誤差じゃない?」と思われる方も多いかと思います。

私自信もそう思っていて、前回の記事ではスルーしていたんですよね。

 

実際使ってみて感じたのですが、普通に立ったり座っているときに使う場合ですと、確かに「ちょっとずっしりしてるかな?」程度でそれほど問題はありません。

重量増を一番感じるのは「寝転んで使っているとき」です。

ベッドに入ったあとはできるだけiPhoneを使わないようにはしているのですが、最近ではWeb小説を読むことも増えてきたため、時々仰向けになってiPhoneを使うこともあるんですよね。

 

このとき7に比べて重さが増していることを実感します。

腕というか指が痛くなってくるんですよね。

これは重さ云々もありますが、挟ベゼルにより持ち方が変わることに起因するのだと気づきました。

 

7だとベゼルが太いので、そこに指をかけてiPhoneを支えるように持つことができます。

ところがベゼルがほとんどないXSだと、筐体の左右を両側から挟むように持たないといけないんですよね。

指が辛くなってきて、うっかり画面部分に指がかかると画面をタッチしたと認識されて、他のタッチができなくなったりマルチタッチだと誤認されたりします。

 

これが非常に鬱陶しいわけです。

指の筋肉が強い方ならいいのかもしれませんが、そうでない場合はすぐに辛くなってきます。

iPad mini4の方が断然持ちやすいくらいです(mini4の重量はWi-Fiモデルで298.8g、セルラーモデルで304g)。

結局ベッドで使うのはWi-Fiに繋いだ7を使っていたりします。

 

画面の大きさに関しては私は指が致命的に短いため、元々7でも上の方には届きませんでしたので、どちらにもしても一緒でした(両手で操作する)。

もし「7ならギリギリ届く」という方でしたら、恐らく届かなくなるのではないかと思われます。

久々に5sを触ったら全画面に指が届くという快適さに思わず感動してしまいましたが(笑)かと言って、いまさら5sの小さな画面に戻れるか? と言われるとそれは無理な気がします。

この辺は好みもありますけどね。

ディスプレイはやっぱりきれいでした

「Super Retinaディスプレイって、そんなに凄くないんじゃない?」と書いたのですが、これは誤りでした。

解像度的な話で言えば7でも1334×750ピクセル、326ppiのスペックを持っており、必要にして十分だと思っていたんですよね。

人間の網膜がドットを感知できなくなるのが300ppi以上と言われていますし、実際私も7の画面を見てドットを確認することはできませんでした。

 

しかし発色に関しては少し違いました。

この辺りは専門的な知識がないのであくまでも素人目線の意見なのですけど、XSの画面に慣れてきたころ7の画面を見ると「なんだかのっぺりしたよう」に見えるんですよね。

平べったいという意味ではなく……「何かを貼っているような感じ」というのが適切かもしれません。

7に貼っていたガラスフィルムが悪さしているのではないかと剥がしてみたのですが、その印象は変わりませんでした。

特に有機ELが得意だとされている黒がキレイというのが、そういう印象にさせているのかもしれませんね。

 

ただ、誤解のないように付け加えておきますと7も5sでさえ、十分画面はキレイだということ。

あくまでもXSに慣れてくるとそう感じることもある、ということになります。

 

次ページでは7からの一番大きな変化である「Face ID」「ホームボタン」について記載しています。