うっかり手が滑ってiPad版Civilization6(Civ6)に課金しちゃったので、仕方なくやってみた

2017年12月28日雑多記事game

こんばんは、しろもじです。

 

先日「iPad版のCivilizationⅥが出てたからお試ししてみた」っていう記事を書きました。

その記事内で「60ターンまでは無料。でも、今回はお試しなので課金しないよ」と書きました。

確かに書きました。

まぁ、お分かりかと思いますが、記事タイトルの「うっかり手が滑って」というのは、嘘です。

そりゃそうですよね。

本当は「お試しの記事を上げたけど、やっぱりちゃんと正規版のレビューをしないと駄目なんじゃないか?」という使命感からです。これは半分本当。残り半分は「60ターンじゃ足りん!」ということです(笑)。

まぁ課金と言っても、3,600円ですからね(確かそうだったはず)。私はゲームをほとんどやりませんし、昔ながらのPC版を買うことを考えれば、お求めやすい価格なのではないでしょうか。

【2018年10月10日追記】

iPhoneに対応したのでやってみました。

スポンサーリンク

Civ6を簡単にレビュー

というわけで、早速やってみました。

前回の記事の使い回しですが、課金前は「今すぐ購入」という項目がありますね。

これをクリックすると、App Storeでお馴染みのポップアップが開きますので、パスワードを入れるか、タッチIDで認証します。

 

そうすると、項目がこのように変わります。マルチできるんだ。マルチはまだやっていないので、分かりません。まずはシングルプレイヤーでやってみます。

シングルプレイヤーをクリックすると「ゲームを再開」「ロード」「今すぐプレイ」「ゲームを作成」から選べる様になります。

「ゲームを作成」にすると、ゲーム内容の細かい設定が行えるようになります。主なものは、プレイヤーの所属する国家、ゲームスピード、マップの大きさなどですね。

 

ちょっと年代が進んでいますが、ゲーム画面はこんな感じです。何気に上の方に時計とバッテリー残量も表示されています。これは実に親切設計です!

 

インターフェイスは、PC版のCiv6は知らないのでよく分かりませんが、タッチに対応しているので、比較的やりやすいかと思います。

 

お馴染みの「技術ツリー」も、タッチするだけでOK。

 

「社会制度ツリー」っていうのもありました。Civ4までしかやってないので、これはちょっと初見です。実はまだよく分からずにやっています。

全体的には、先程も書きましたが「タッチに対応していて、ゲーム自体の操作はやりやすい」というのが最初の感想です。

 

ただ、ゲームとしてCiv4と比べると、かなり複雑になっているので、初見だと訳がわからないという状態になるかもしれません。

Civ4やってた私でも、いくつか分かってない部分がありますからね。攻略サイトなどを見ながらやっていかないと駄目かな? 

でもCivシリーズの良いところが「よく分からんけど、なんとなく出来てる」というのがあります。

そしてやり込んでいくうちに、ドンドン分かってくるというのもあります。

ですので、何回かやっている内に、なんとなく把握できてくるのかもしれません。

 

そこまでに何時間持って行かれるか、分かりませんけど(笑)。

 

それと、意外と良かったなと思ったことは「寝ながらできる!」ということです(笑)。

iPad miniなら手に持ってできますしね。ただ、固定アームなんか買って、ベッドに固定してしまうと、完全に廃人になってしまいそうな予感がします……。

「iPad pro+アーム」なんて組み合わせ、とても危険な香りが漂ってきますよね(笑)。

 

問題点は?

私はiPad mini4でやってみました。始めてのワールドは、ほとんどがデフォルト設定で、マップの広さだけ「標準」にしてみました(デフォでは「極小」)。

序盤は結構スムーズでしたが、他の文明を見つけて自分を含めて4文明になった辺りから、少しスピードが遅くなってきました。

なんとなくカクついているし、PCプレイヤーの考えている時間も長くなってきている感じです。

その後、都市を増やしてマップも広げていくと、かなりの重さになってしまいました。自分のターンはまだしも、ターン待ちが異常に長い!

 

一度ゲームを終了して、他のアプリも全て終了。

そこで今度は「極小」を選んでやり直してみると、こっちでは後半までそこそこスムーズにゲームが進行しておりました。

それでも現代になると、マップのほとんどが探索されており、ターン待ちがやはり長い……。

またユニットが増えてくると、マップのスクロールもカクつくようになってきました。ゲームができないってほどじゃありませんが、ややもっさりとした感じです。

 

iPad mini4のプロセッサは「A8」。

iPad air2が「A8X」ですから、これ以上のスペックのiPadであれば、快適にプレイできるのかな?

2017年12月時点での現行iPad proは「A10X」、iPadが「A9」ですから、この辺りなら比較的快適なんじゃないでしょうか?

 

ちなみに、手持ちのiPadは「mini4とiPad4」なのですが、iPad4は「A6」というプロセッサでしたから、こちらは相当厳しいんじゃないかと思います。

と思って調べてみたら、どうやらiPad4はiOS11にアップデートできず。

Civ6はiOS11でしか動作しないようで、元々駄目でした\(^o^)/

 

あと、タッチ操作は概ね良いのですが、例えば都市に重ねて駐留させているユニットを選ぶ際に、間違って都市をタップしてしまったり、逆があったりと、細かい部分ではやりにくいところがありました。

これはiPad miniの狭い画面が良くないのかも? iPadやiPad proなら、もっと快適にプレイできるかもしれません。

気になる「あれ」はどう?

Civilizationシリーズをやる上で、もっとも気をつけないといけないことは「始めたら止まらなくなる」ことです。

「もう10分だけ」「もう1ターンだけ」と無限ループに陥って、止められなくなるのが、このシリーズの最大の特徴です(笑)。

 

私もかつてCiv4をやっていた時は、この状況になっていました。気がつくと朝。次に気がつくと日が暮れている。なんてこともありました。

でも、まぁ、そこは分別のついた大人になりましたから、もうそんな心配は要らないだろうと……思ってました。

とりあえずレビューのために、とCiv6を起動して、黙々とやっていて……ふと気がついて、時計をみたら「AM2時」。

AMですよ。日付、変わっちゃっていますよ。

思わず「はうっ」って声を上げてしまいました。おじさんが「はうっ」って言っちゃうって相当なことです(笑)

 

というわけで、相変わらずの中毒性を持っているのは確かです。

手を出す時は、計画的に行いましょう(笑)。

私はしばらく寝かせておきます!