「Echo Show 8」が日本で販売に! Showシリーズの違いは?【2020年2/26発売】

2020年2月5日雑多記事amazon,Amazon Echo

アメリカでの発表、発売から遅れること5ヶ月。ようやくEcho Showシリーズの真ん中サイズ「Echo Show 8」が日本でも発売されることになりました。

現在は予約受付中で、発売は2020年2月26日になっています。

スポンサーリンク

中間サイズが最もいいとは限らない? Showシリーズ3つを比較

©Amazon.co.jp

先程も書きましたが、今回発売になるEcho Show 8はShowシリーズの中間サイズ。良く言えばジャストサイズ、悪く言えば中途半端とも言えそうです。そこで3つの比較をしてみました。

Echo Show 5Echo Show 8Echo Show
価格
 
9,980円14,980円27,980円
サイズ
(幅×高さ×奥行き)
148mm
86mm
73mm
200.4mm
135.9mm
99.1mm
246mm
174mm
107mm
重量
 
410g1037g1755g
スクリーン5.5インチ
960×480px
8インチ
1280×800px
10.1インチ
1280×800px
解像度(※)195ppi189ppi149ppi
スピーカー1.65インチ
4W×1
2.0インチ
10W×2
2.0インチ
10W×2
パッシブラジエータ
カメラ
 
1MP1MP5MP
DOLBY
 
Dolby Audio
外部スピーカー接続
 
Bluetoothのみ
プロセッサMediaTek MT
8163
MediaTek MT
8163
Intel Atom
x5-Z8350

※ppiについてはTEXT FIELD調べ
価格は税込み。キャンペーン価格ではなく、通常の価格になります。

置いて使うものですから重さはあまり関係ないとしても、設置場所によっては使い勝手に影響が出てきそう。

恐らく一番考慮すべきなのはフットプリント(下面面積)ではないでしょうか。Echo Show 8は「横幅200.4mm×奥行き99.1mm」です。

現行Echoシリーズ(Dot、Echo、Echo Plus)の直径が99mmですから、ざっくりとした感覚では

奥行き
Echo Show 5Echo1.5個分Echo0.7個分
Echo Show 8Echo2個分Echo1個分
Echo ShowEcho2.5個分Echo1個分ちょっと

という感じ。奥行きはEcho ShowとEcho Show 8ではあまり変わらないですね。

幅についてはEcho Show5が「Echo(Plus)を横に寝かせたくらい」とも言えそう。現行Echoユーザが、Echo Show 8のサイズ感についてイメージするには「EchoにEcho Dotを重ねて、ふたつ並べた感じ」とするといいのかも?

スピーカーはEcho Show5の「1.65インチ 4W×1」から「2.0インチ 10W×2」に強化されています。EchoやEcho Plusと比べるとやや劣りますが、Showシリーズの場合映像コンテンツの視聴も考慮すべきなので、どの程度使えるのかは気になるところです。

画面は8インチ化されたことで大画面にはなったのですが、解像度ではやや低下。1260×800pxの189ppiってFire HD8タブレットと同じスペックなんですよね。使いまわし……なのかな?

そう考えるとFire HD8との比較も気になるところですね。Fire HD8が8,980円からの価格設定なので、Primeビデオなどがメインならば……となってしまいそう。

恐らくこの価格がEcho Show8の一番のネックになるんじゃないかな、と思うんですよ。

Echo Show 8の価格設定は適切なのか? Amazon.comを参照して考えてみる

Echo Show 8は14,980円というプライスタグを付けています。Echoという「アレクサ端末」として考えると決して高くはないのですが、先程書いたように「映像鑑賞端末」として考えると、ちょっと割高なイメージもしなくもない気もしない(どっち)。

そこでAmazon.com(アメリカ)の価格を参照しながら、価格について考えてみました。ちなみにAmazon.comではセールでなくても、普段からディスカウント設定がされてたりするんですよ。私が見た感じでは、ここ最近はずっとディスカウントされている模様。一応その価格も併記しておきます。

日本価格Amazon.com
(ドル)
Amazon.com
(円換算)
Amazon.com
(ディスカウント)
Amazon.com
(ディスカウント円)
Echo Show 59,980円89.999,899円64.997,149円
Echo Show 814,980円129.9914,299円89.999,899円
Echo Show27,980円229.9925,299円179.9919,799円

※ドル円は110円で計算
 円換算は小数点以下を四捨五入

おおよそ「Amazon.comの通常価格=日本の通常価格」と言っていいと思われます。ただしディスカウント後ではかなりの価格差がありますよね。

日本ではどちらかと言うとセールで大幅値引きという施策が取られているようで、先日のサイバーマンデーセールではEcho Show 5が4,980円という破格で販売されていたりしました。

Echo Show 5の日本発売が2019年の6月だったので、おおよそ半年程度で半値近くのセールとなったわけです。アメリカと日本の施策の差は、普及率に関連しているのかも。日本では認知率は上がってきたものの、まだまだ普及しているとは言い難いですからね。

恐らくShow 8も5,000円オフの9,980円程度のセールは、そのうち行われそうです(あくまでも個人の予想です)。単発のセールを除けば、次の大きなセールは7月くらいに行われるプライムデーのはずですからそこかな? 急がないのであればそこまで待つという手もありかもしれません。

とは言え、私は今回買うことにしました

買うことにした理由は、前々から画面付きEchoには興味があったものの、5インチはちょっと小さいし10インチはでかすぎると思っていたからです。8インチが欲しいってどこかで書いてましたしね。

ずっとベッドに寝ながら動画を観る端末が欲しいとは思っていたんですよ。Fire HD8という手もあったのですが、買い時を逃していたのでShow 8の方がいいかなと。

後はEcho Budsが来てくれれば完璧です。時期的に同じくらいだし、そろそろかなぁと思っているんですが……。

最後にもう一度整理しておきます。

価格は14,980円(税込み)で、色はチャコールとサンドストーンの2種類。

現在は予約受付中で、発売は2020年2月26日になります。

オプション品は角度調整スタンド(2,490円)にフィルム(1,480円)となります。

[合わせて読みたいおすすめリンク]