LINEノベルのアプリが本日より配信開始(iOSのみ先行配信)

小説LABO創作者向けニュース

今年の4月から投稿作品の受付が開始されていたLINEノベルですが、本日よりiOS用アプリの配信が開始されています。

スポンサーリンク

LINEノベルAppの配信が開始

LINEノベルApp
©LINEノベル

今回配信が開始になっているのはiOS用のAppのみで、Android用は現在予約受付中で後日の配信となる模様です。

iOS用LINEノベルAppのダウンロードは以下のページから行えます。

https://lin.ee/8kHXPh6/kygb/release

※PCなどからアクセスすると令和コンテストのページにリダイレクトされます。iOS端末から御覧下さい。

LINEノベルAppの特徴は3つ。

LINEノベルApp
©LINEノベル
  • 掲載は横書き
  • スキマ時間で1話ずつ読める
  • 読めば読むほど、無料

そういえばカクヨムでもWebでは縦書きに対応していましたが、Appでは横書きのみでしたね。技術的に難しいのでしょうか? スマホなら横書きの方が読みやすいのかなぁと思ったりもしますが、Kindle Appなんかだと縦書きで普通に読めるんですが。

いやまぁでも、今どきは「横書きの方が読みやすい」という方の方が多い、というだけかもしれませんね。

というわけで早速ダウンロードしてみました。

Appを開くと最初に好みを聞かれます。これはApp内の一覧にどちらを表示させるかの選択のようで、後から変えることができます(後述)。確かにスマホの狭い画面であれば、あれこれ一気に表示されるよりも、好みの方だけが出てくる方がいいですから、なかなか良い仕様だと思います。

Appの作り自体は画面下にメニューが配置されたオーソドックスなものになっています。メニューは「レーベル」「投稿作品」「本棚」「さがす」「マイページ」となっています。

「投稿作品」を選んでみると、どうやらLINEノベルに事前投稿されている小説の一覧のようです。恐らくこれが見られるのはここが初めてではないでしょうか?

でも、ざっと眺めていると「全ての小説に表紙がついている」「意外と文芸っぽいのが多い」という感じだったので、もしかしたら投稿作品ではなくLINEノベルが依頼した作家さんの作品ということなのかな? もしくはコンテスト未参加作品か。この辺りはちょっと分かりません。

「マイページ」を開くと、先程の「文芸・ラノベ」の切り替えがありました。ここで選択することで「レーベル」のページの一覧が切り替わるようです。

コインとは有料のLINEノベルを読むためのものです。LINEノベルでは全作品(投稿作品以外)3話まで無料で公開されており、4話以降は20コイン(1コイン=1円で購入)で読むことができるという仕組みです。

また無料チケットいうシステムもあり、こちらは作品を読んだ合計時間が読書時間にカウントされ、読書時間が長いほどチケットの獲得枚数が増えることにより、無料で読めるエピソード数を増やすことができるという仕組みみたいです(無料チケットは1日3枚まで使用可能)。

「本棚」はその読書時間や読んだ作品などを管理するページのようです。

ここまでは未登録でも利用できていたのですが、この機能を使うにはLINEでログインするかメルアドなどで登録が必要なようです。

ざっと見た感じでは投稿作品は無料で全て読むことができ、LINEノベルで出版される本は3話まで無料、以降はコインもしくはチケットを使って読み進めるという形のようですね。

第1回令和小説コンテストは2019年9月30日が締め切りです。

本日から毎月5日に書籍が発売されていきますし、これからますます盛り上がっていくLINEノベルに注目したいところですね。

[合わせて読みたいおすすめリンク]