【悲報】電子書籍ストアのPuboo(パブー)が2019年9月30日で閉店

小説LABO創作者向けニュース

古参の電子書籍ストア「パブー」が2019年9月30日を持って閉店することが発表されています。

スポンサーリンク

パブーが2019年9月30日で閉店 ダウンロード期限は11月末まで

©Puboo、トゥ・ディファクト

2010年に誕生したパブーは、当時としては画期的な「電子書籍を個人で販売できるストア」として人気を集めていました。

私も当時、何冊か買った覚えがあります。

Kindle Direct Publishing(KDP)などの波に押され徐々に存在感を失っていき、最近ではなかなか話題に登ることも少なくなっていました。

と言うよりも、運営会社が変わったのが大きかったのかもしれません。

2016年の10月に運営元が大日本印刷に変わり、大日本印刷と言えば「honto」を運営しているというわけで、経営資源的に集約したいということなのでしょうか(あちらは個人出版ではありませんが)。

できれば統合という形が嬉しかったのですが、まぁ難しいんでしょうね。

個人が出版できる、という道筋をつけた意味でもパブーの功績は大きかったように思われます。

約9年間の運営、お疲れ様でした。

さて、電子書籍ストアの閉店と言えば「買った書籍はどうなるの?」という心配があると思いますが、公式サイトには

Q.購入した本の閲覧・ダウンロードはいつまでできますか
A.2019年11月30日(土)までとなります。
  閉店後もマイページへのログインはできますので、マイページにログインしてご利用ください。
  なお、ダウンロードしたファイルについては、各フォーマットに対応したビューアで上記の期限後も閲覧可能ですので、期限内にダウンロードしていただくようお願いいたします。

パブー閉店のお知らせより引用

とありますので、11月末までにログインしダウンロードしておけばその後の閲覧も可能なようです。

そこだけはちょっとホッとしますよね。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]