特定の文字を検索する+置き換える【Scrivener3使い方講座】

小説LABOScrivener3

久しぶりのScrivener3関連の記事は「特定の文字を検索する」「そして置き換える」方法になります。

どのようなときに使うかというと

  • プロジェクト全体(小説)で、特定のキャラクターの登場シーンを知りたいとき
  • 自分がある語句をどの程度小説内で使っているか知りたいとき
  • 特定の名称を一気に書き換えたいとき

などに有効かと思われます。私は『きみとぼくのダンジョン再建記』という小説の中で「薄月さん」というキャラクターが久々に登場した際「過去にどんな口調で話していたのか? どんな行動を取っていたのか?」を見直すために使いました。

本当はビシッとプロット段階で決めておいた方がいいんですけどね。元々即興小説ということもありますし、サブキャラクターでしたらそういうこともママあるかと思われます。

では具体的に方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

Scrivener3で特定の語句を検索する

まずはプロジェクトを開きます。

scr-040619_1

左サイドバーにある「ドラフト」をクリックしましょう。

scr-040619_2

通常ですと、上の画面のようにコルクボード表示になると思いますので、その場合はツールバーにある「連結表示」のボタンをクリックすると、ドラフト内の小説を連結させて表示させることができます。

scr-040619_3

メニューから「編集」>「検索」>「検索します」をクリック。

scr-040619_4

検索ウィンドウが開きますので、上段の「検索」のところに検索したい文字列を入力します。

scr-040619_5

今回はキャラクター名である「薄月」と入れてみました。「次へ」ボタンをクリックすると、ドラフト内で一番最初に「薄月」という言葉が出てくるところが反転選択されます(矢印の部分)。

scr-040619_6

「次へ」をクリックするごとに、検索文字列がある箇所が順番に切り替わっていきます。

これでストーリーの中にあるキャラクター、名称などが登場したシーンを検索することができます。

Scrivener3で特定の語句を置き換える

更に特定の語句を置き換えることも可能です。

先程の検索ウィンドウで「検索」に元の文字列を「置換」に置換えたい文字列を入力します。

今回は「薄月」をさがして「はずき」とひらがなにしてみることにします。

scr-040619_7

ここでの操作方法もほぼ同じで

  • 「次へ」-次に出てくる検索語句を探す
  • 「前へ」-ひとつ前の検索語句に戻る
  • 「置換」-ハイライトされた語句を置き換える
  • 「置換え&検索」-ハイライトされた語句を置換えて、次の検索語句に移る
  • 「全て置換」-ドラフト内の語句全てを置き換える
scr-040619_8

という感じになります。

あるキャラクターなどの名前を後で変えたい場合などに便利な機能ですね。

まとめ

検索&置換えはテキストエディタの基本的な機能で、Scrivener3でもきちんと使うことができます(そしてScrivener3の中では比較的使い方が簡単でもあります)。

私はあまりやりませんが、小説を書いているときに「決まっていないキャラクター名・名称」などを一旦「絶対使わない仮の名称」にしておいて、後で一括変換するなどの使い方をすれば、書く手を止めることなく進めることができるので便利かもしれませんね。

また、冒頭に書いたように「前回このキャラクターはどんな話し方をしてただろうか?」というのを確認するのにも便利かと思います。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]