音声小説配信サービス「Writone(ライトーン)」が声優の事前登録も開始!

小説講座音声小説, writone

こんばんは、しろもじです。

先日、TEXT FIELDでもお伝えしましたが「作家と声優の活躍できる場を提供する」という目的で立ち上げられた「Writone(ライトーン)」が、小説家の事前登録に加えて、声優の事前登録を開始しました。

小説家の方を書いた記事は以下になります。

いずれもβユーザーの募集中ということで、まだ詳細は分かっていませんが、個人的にはなかなか良いサービスではないかと思っています。

Lyact©

「音声で小説を聴く」というのは、既存のサービスとしてはありますが、まだまだ普及しているとは言い難い段階です。

また、昨今の「文字離れ」への対抗策としての「音声小説」というジャンルは、やりようによっては今後ブレイクする可能性が高いと思っています。

 

ただ、小説家に比べて、声優というのは「個人が商品化」されていることもあって、年々敷居が高くなってきている気がします。

本来「声」で売っていくべきなのに、それ以外の要素も重要になっている辺りに、個人的には違和感も覚えています。

これは決して既存の声優さんを否定しているわけではありません。

これからは、ひとつの作品が細分化して「個人の集まり」が創っていく時代になる可能性があります。

小説、という文字ベースの作品であれば、ひとりで完結していけますが「音声小説」という作品は、なかなかそういうわけにはいきません。

 

もっと言えば、アニメなんかもそういう創り方で制作されるものが出てきてもいいんじゃないかなぁ、と思っています。映画とかもね。

 

そういう世の中になったときに、Writoneのようなマッチングサービスは重要な役割を果たすと思っています。

「声には自信がある!」という方。「声優になりたい!」という方は、挑戦してみても良いのではないでしょうか?

 

ちなみにWritoneはCAMPFIREでクラウドファンドを募集しています。

支援へのリターンも、前回記事作成時に比べて、充実してきていますね。

興味がある方は、ぜひ。