「新作小説を書いていたらScrivener3がクラッシュした話」 [投稿報告:家族編集部 第34話]

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

 

小説投稿サイト「カクヨム」に『家族編集部』第34話を投稿しました。

今回から暫くの間、「家族4人の話」+もう1話が追加されています!

その関係もあり、文字数も増えております!

ちょっと読むのは大変かもしれませんが、よかったらお読み下さい!

スポンサーリンク

新作小説を書いていたらScrivener3がクラッシュした話

先日から書いているように、執筆統合ソフトの「Scrivener3」を使って、新しい小説のプロットを創っています。

当初はひたすらプロットだけを創り続けていたんですけど、先が詰まってしまい「ちょっと書いてみるか」ということで、実際に何話か書いてみたんですよ。

昨晩、3話の本文を書いていた時のこと。

文字を入力していると、突然Scrivener3(長いので以下SC3と略)がクラッシュしたんですよ。

一瞬、何が起こったのか分かりませんでした。

 

SC3を再起動すると、クラッシュレポートというのが立ち上がったので、そこで「あぁ、そうなんだ」と理解できました。

でも、その時は「たまたまかな?」と思っていたんです。

SC3は自動バックアップ機能があるので、幸いほとんど被害もないし、まぁ良いかと思って再び文字を入力すると、再びクラッシュ。

 

何度かやってみると2文字目を入力するとクラッシュすることが分かりました。でも、クラッシュレポートは何度見ても理解できず、原因は不明。

 

Macの再起動を実施 → やっぱり駄目

SC3を再インストール → それでも駄目

SC3をプロットファイル以外全て消して、インストール → どうしても駄目

 

その時点で、既に言うのも憚れる位の深夜。もう泣きそう、その前に寝てしまいそう。

起動自体はできるので、結局、新しいプロジェクトを開始して、そこにコピペしてみたら、なんともなく今も書き続けていられるようになりました。

 

一体何だったのだろう?

 

今日もSC3内のファイルを消したりしてみたんですけど、クラッシュするファイルはどうしても直りませんでした。

一応対策として、バックアップを強化しておきました。通常の保存とは別に、バックアップを5個まで取っておけるんですよ。設定で「起動時にバックアップ」「終了時にもバックアップ」することにして、更に執筆中も思い立ったらバックアップ!

 

ソフト的なことは、あまり詳しくないですが、これならなんとかなるかも? と思っています。

原因が分からないと困るんですけどね。

ネットで「Scrivener クラッシュ」で検索しても、ほとんど情報ないんですよね。ということは、あまり頻発する問題ではないはず?

もうしばらくは様子を見てみます。

 

肝心の小説の方は、今さっきまで頑張って書いて5話まで書きました。

連載小説コンテスト向け、だと本人は自覚しているので、応募推奨規定通りならば、3,000字×30話です。

30話全て完成させてから、投稿を始めたいところですが、毎日投稿でも1ヶ月かかるので、そう考えると来月始めには投稿を開始したい。

うーん、それなら今月末までに(あと6日)で25話……。1日4話=12,000字。

 

無理だ(笑)。

[あわせて読みたいおすすめリンク]